独学の怖さ!Webマーケティングスクールで受講する意味はない?

Webマーケティングスクールで受講する意味はない?スクール

SNSの普及に伴って、Webマーケティングの重要性が高まってきています。

企業においても、Webマーケティングのスキルは必須となっています。

 

インターネットで検索すると、無数に情報が出てきますので独学で学ぶ事も可能です。

いっぽうで、Webマーケティングのスクールもたくさん登場してきており、

多くの受講生が学び、実際に現場で活躍している事も事実です。

 

今回は、Webマーケティングスクールで受講する意味と独学の怖さについて解説します。

 

下記の記事では、Webマーケティングスクールの費用対効果についてまとめてありますので合わせてご覧下さい。⇒Webマーケテイングスクールの調査

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

⇒筆者の情報

Webマーケティングを学習する目的とは?

Webマーケティングスクールで学習する意味

Webマーケティングスクールで学習する意味

 

始めに、Webマーケティングを学ぶ目的について整理してみたいと思います。

 

学習したスキルを活かして転職したい

Webマーケティングの基礎やSEO、広告運用といった知識やスキルを持った人材は、

デジタル化が進む日本において重要な役割となっています。

 

特に昨今、SNSやインターネット広告において、

Webマーケティングのスキルを持った人材は重宝されるでしょう。

 

学習したスキルを活かして、転職したいと思う人は多いと思いのではないでしょうか。

 

WebサイトのSEO対策や広告の運用

自社でWebマーケティング担当を任されていたり、フリーランスの方や自営業の方であれば、自身の商品やサービスの販売拡大に繋げる事が可能です。

 

学んだWebマーケティングの基礎とスキルを活かして、

SEOや広告運用を自身のWebサイトやSNSに反映させる事ができるでしょう。

 

Webマーケターとして独立したい

現代において、

独立Webマーケターは、多くの企業にとってパートナーとなります。

 

豊富なWebマーケティングの基礎知識やSEO、広告運用といったスキルと知見を持ったWebマーケターであれば、

その仕事の幅は無限に広がるでしょう。

 

独学の怖さ

Webマーケティングを独学する事の怖さ

Webマーケティングを独学する事の怖さ

 

現在は、WebやSNSで、

「Webマーケティング」や「デジタルマーケティング」等と

検索すれば、多くの情報を知る事ができます。

 

しかし、

“正しい情報かどうか自分でわからず”独学で学ぶよりも、

“正しい知識とスキルを持った専門のスクールで受講する”事によって、

結果的に「時間とお金がかからない」のは言うまでもありません。

 

また、動画やオンライン学習を通じて、学びたい事だけを学習するスタイルもあります。

大事なのは、

・何のために学びたいのか

・どんなスキルを身に着けたいのか

・いつ、どのように受講するのか

といった「受講目的」をはっきりとさせる事です。

 

学習したいスキルの整理

学習したいスキルの整理

学習したいスキルの整理

 

Webマーケティングを学ぶのに、スクールで学習する事が

結果的に「時間」「お金」の短縮になる

という事を先ほど申し上げました。

 

では、Webマーケティングのスキルにはいったいどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、学べるスキルを改めて整理してみたいと思います。

ひと口に「Webマーケテイング」といっても、そのスキルは様々です。

 

Webマーケティングの基礎知識

Webマーケティングを実行する上で、その基礎となる知識やスキル。

全てを網羅する事は割愛しますが、主に次のような知識とスキルがあります。

 

 Webマーケティングに必要な知識とスキル

  • Webサイトの仕組み
  • SEO対策(検索エンジン最適化)
  • オンラインビジネス戦略
  • 顧客行動の理解
  • 検索エンジンの基礎
  • アクセス解析と効果測定
  • インターネット広告
  • ソーシャルメディア
  • コンテンツマーケティング
  • メールマーケティング
  • LINEマーケティング
  • eコマース

 

中でも必須と思えるスキルについて、いくつか解説したいと思います。

 

SEO対策(検索エンジン最適化)

検索結果の上位表示を狙うテクニックの事です。

検索結果を表示する、Googleのアルゴリズムは時代と共に変化しています。

継続して学び、SEOのスキルを活かせる人材は、多くの企業が欲しています。

 

インターネット広告

ユーザーがインターネットを利用している際に、画面に表示される広告の事です。

インターネットWeb広告の種類

〇リスティング広告
GoogleやYahooなどの検索結果に連動して表示される広告
〇ディスプレイ広告
ユーザーのブログやアプリ等の画面に表示される広告
〇ソーシャル広告
TwitterやFacebook、Instagramなどに表示される広告
〇メール広告(メルマガ広告)
メールマガジンなどに含まれる広告

 

ソーシャルメディア

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは、今や企業になくてはならないマーケティングツールです。

Web上でも多くの情報が得られますが、

“正しい知識とスキル”を持った人材は、多くの企業に必要不可欠と言えます。

SNSの種類

〇Facebook
〇Instagram
〇Twitter
〇Pinterest
〇TikTok
〇LINE
〇アメブロ 等

 

eコマース(電子商取引)

インターネットの普及によって、ありとあらゆる商品・サービスを、あらゆる場所から購入する事ができるようになりました。

eコマース(電子商取引)を正しく理解する事は、企業の売上拡大に大きく貢献します。

 

Webマーケティングスクールを比較検討するポイント

最後に、

Webマーケティングスクールを比較検討するポイントをまとめてみました。

 

受講したいコースが受講目的が合っているか

まずは、受講したいスクールが、

自分の目的に合っているかどうか

が最重要課題となります。

 

オンライン受講の内容は充実しているか

次に、スクールでのカリキュラムやオンライン受講の内容は

充実しているかどうか

を検討する必要があります。

 

講師(メンター)は必要か

学習を続けるうえで、講師(メンター)の存在は不可欠です。

モチベーションを維持するためや、スクールでの学習の質を高めるために、

メンターが自分にとって必要かどうかを、ご自身に尋ねてみて下さい。

 

まとめ スクールで学ぶのが最短距離

いかがだったでしょうか。

今回は、Webマーケティングスクールで受講する意味と独学の怖さについて解説しました。

  • Webマーケティングを学ぶ目的について整理してみる
  • スクールで学ぶ事が結果として「時間とお金がかからない」
  • スクールを選ぶ前に学習したいスキルを整理する
  • スクールを選ぶ際には受講内容やサポート体制も確認する

 

なお、下記の記事では、

Webマーケティングスクールの費用対効果について調査してまとめてあります。

 

これを機に、スクールでの学習を検討している方は是非ご覧ください。

⇒安いWebマーケテイングスクールの調査

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました