12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

SNSでの誹謗中傷問題で気をつけるべきこと

SNSでの誹謗中傷問題で気を付けるべきことSNSマーケティング

SNSは手軽に発信できるので、物理的な距離に関係なく情報を交換できるというメリットが大きく、

マーケティングに活用する企業が増えています。

 

しかし、一方で他人や企業の悪口を言いふらすことが個人の名誉や信用を傷つけてしまう問題が潜んでいて、

ネット上での有名人や企業に向けた誹謗中傷が社会問題となっています。

 

今回は、企業活動に不可欠なSNSの誹謗中傷に関する問題点や、気をつけるべきことについて紹介します。

 

企業のネガティブなキーワードで上位表示を防ぐ「逆SEO」と手法について、下記の記事でまとめてありますので、合わせてご覧下さい。⇒逆SEO対策とは?対策方法についても!

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

ネット上の誹謗中傷問題

SNSは距離に関係なく自由なコミュニケーションができるので、

企業マーケティングに使用する人が増えています。

 

しかし、匿名のまま不特定多数にむけて一方的に発信できるため、有名人や企業に向けての誹謗中傷を書き込みやすい環境にあるといえます。

 

ネット上で悪意のある書き込みが削除されるケースが少ないということもあり、

一度悪口を書き込まれてしまうとそのまま残ってしまうことが多いという問題があります。

 

法人がターゲットになることも

法人がインターネット上の誹謗中傷のターゲットとなり

企業のSNSが炎上するケースも少なくありません。

 

その原因は、

  • 食品の異物混入や異臭など製品に対するもの
  • 顧客対応に対するもの
  • 従業員の振る舞いに対する誹謗中傷

 

など様々です。

 

誹謗中傷を受けた際に気をつけることは、

その原因となる情報が事実か不確かな情報なのかを見極めることです。

 

根拠のないデマについては、

SNSの運営者へ削除申請を行うことが可能なので、必ず情報を精査し正しい対応をとることが大切です。

 

誹謗中傷を受けた場合は正しい対応を

いかがだったでしょうか。

今回は、SNSの誹謗中傷問題や悪意のある書き込みに関して気をつけることについて解説致しました。

一度に不特定多数に情報を発信できるSNSは、

マーケティング活用に大きな効果があるため、ビジネスの成功には欠かせないといっても過言ではありません。

 

その一方で、匿名での書きこみができるSNSが多いため、

誹謗中傷で被害を受けてしまうといった問題もあります。

 

誹謗中傷などを受けてしまった場合には、その情報が確かな根拠に基づく情報なのかをしっかりと調べて、正しく行動することが大切です。

 

最新のSNSについて、下記の記事でまとめてありますので合わせてご覧下さい。⇒最新のSNS一覧!サービスの種類や特徴まとめ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました