ご利用ありがとうございました。

この度はご利用頂きありがとうございました。

デジタルマーケティングやIT経営について、何かお困りの事等ございましたらお気軽にご相談ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

新着記事一覧

バリュープロポジションキャンバス「6つの構成要素」と使い方を解説!
企業が提供する価値と顧客ニーズとのギャップを無くすために使用されるフレームワークツール「バリュープロポジションキャンバス」について、ITコーディネータの筆者が詳しく解説。バリュープロポジションは、「企業から顧客へ提供する価値」を表し、「バリュープロポジション」と「顧客の情報」という二項目に分けて可視化するフレームワークツールです。
SNSマーケティングにおける「ギフティング」のメリットデメリット
InstagramやTwitter等SNSのマーケティング施策「ギフティング」について、ITコーディネータの筆者が詳しく解説。「ギフティング」は、インフルエンサーに対して商品やサンプルを無償提供し、その代わりにPR投稿を行ってもらうSNSマーケティング施策です。「ギフティング」の具体的な流れやメリットデメリットについて解説しています。
デザイン思考の手法「共感マップ」とは?ペルソナとの違いと作り方の事例
マーケティング施策で活用すべき「共感マップ」について解説。ユーザーの理解を深めて、ニーズを把握するために利用される「共感マップ」について、ペルソナとの違いや構成する6つの要素、共感マップの作り方について紹介。共感マップを構成する6つの要素は、1.SEE:見ているもの,2.HEAR:聞いていること,3.THINK and FEEL:考えていることや感じていること,4.SAY and DO:言っていること・行動していること,5.PAIN:痛み・ストレスに感じていること,6.GAIN:欲しているもの・得られるもの です。共感マップの作り方は、1.ユーザーインタビュー,2.6項目を書き出す,3.ブラッシュアップする、です。
ペルソナシートを作成する目的とは?設定例やサンプルも紹介!
商品やサービスにおける架空の顧客の人物像「ペルソナ」を作成する目的や、ペルソナ設計フレームワーク「ペルソナシート」を作成する際の注意点について解説。また、ペルソナシートの作成方法を、具体的な設定例と合わせて、次の5つの手順でご紹介しています。1.ペルソナシート項目決定,2.情報収集,3.収集した情報の共通項を抽出,4.ペルソナのゴール設定,5.ペルソナシート書き出し
【SWOT分析】内部環境と外部環境を分析して競争優位性を見つける
経営資源には、 ヒト モノ カネ 情報 などがありますが、 どの企業でも強みや弱みは存在します。 SWOT分析を行う事で、自社の内部環境と外部環境を把握し、 独自の強みであ...
タイトルとURLをコピーしました