独自ドメインのGmailが届かない!送受信できない場合の設定確認項目!

独自ドメインのGmailが届かない場合の設定確認項目 ITツール

Googleのグループウェア管理ツール「G Suite」が、2020年に「Google Workspace」という名称でリブランディングされました。

これまでもGmailをビジネスで利用されていた方が多いと思いますが、独自ドメインでの利用を設定をする際には、専門用語が多く、多少のIT知識がないと設定が難しいものです。

今回は、独自ドメインでGmailを設定したが、メールが届かない、送受信できない場合の設定確認項目をご説明します。

この記事は「Google Workspace 管理者」向けの記事です。

状況をテストして詳細を確認する

Gmailでメールが届かない場合、あるいは送信ができない場合は、様々な状況をテストしてみます。

具体的には次のようなテストになります。

テスト実行例

○該当アドレス(Gmailで送受信したいアドレス)

test@yourdomain.com

 

○テスト例

・他のGmailアドレスから該当アドレスに送信してみる

例.other@gmail.com ⇒ test@yourdomain.com

・PCのメーラーを利用して、既存ドメインのアドレスから該当アドレスに送信してみる

例.other@yourdomain.com ⇒ test@yourdomain.com

・WEBメールアプリ等を利用して、既存ドメインのアドレスから該当アドレスに送信してみる

例.other@yourdomain.com ⇒ test@yourdomain.com

・Yahoo等のフリーメールから該当アドレスに送信してみる

例.other@yahoo.co.jp ⇒ test@yourdomain.com

テスト実行結果をまとめる

上記の内容で行ったテスト結果は、この記事を参考にしても解決しない場合において、Googleサポートや、自社のサーバー管理者または、レンタルサーバー会社に問い合わせる際に必要となります。

テストした状況と、送信側アドレス及び、受信側アドレスの詳細を記録しておきましょう。

 

ネームサーバーの値を確認する

独自ドメインを用いて、Gmailで送受信を行う場合、これまで利用していた自社サーバーから「G Suiteアカウント」に配信されるよう、自社サーバーのDNS(ドメインネームサーバー)を変更します。

 

MXレコードの設定を確認

自社サーバーまたは、レンタルサーバーのドメインの「DNS(ドメインネームサーバー)」を設定します。

具体的な設定方法は、Google Workspaceアカウント開設後、Gmailの設定で「G Suite の MX レコードを設定する」という手順となります。

Googleの説明によると、次の通りです。

MX レコードの設定を更新して、メールが G Suite アカウントに配信されるようにします。これは、郵便局に転居届けを出して、郵便物が新しい住所に届くようにする手続きと似ています。

ドメインですでにメールをご使用の場合(メールアドレスの末尾が @yourdomain.com の場合)、以前のメール プロバイダの代わりに Gmail にメールが届くようになります。

引用:公式ヘルプ

手順の内容を再度確認し、ネームサーバーの値が下記の通り正しいかどうか確認しましょう。

エックスサーバーにおけるgmailのDNS設定例

出典:エックスサーバーヘルプ https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting_google_apps.php

 

SPFの設定を確認

なりすましメールを防止するSPF(Sender Policy Framework)が、自社サーバーにすでに設定されている場合があります。

この場合、既存の自社サーバーが設定した値となっているかと思いますので、下記ページを参考に値をGoogleのものに設定し直します。

なお、SPFの値はサーバーに1つしか設定できません。

SPFのDNSレコードが重複して存在している場合は、Google のみ残してください。

 

自社サーバー側にメールアドレスが存在しないか

これは盲点かもしれませんが、既存の自社サーバーで作成したメールアドレスが存在する場合、DNSの設定に関わらず、自社サーバー内でメールの送受信が行われます。

Google WorkspaceのG Suite アカウント管理のGmail を用いてメールの送受信を行いますので、既存の自社サーバーにメールアドレスが存在する場合は全て削除します。

ただし、注意しなければならないのは、未受信のメールデータ(サーバー上のデータ)も同時に削除されますので、必要に応じてバックアップします。

 

Googleヘルプの手順に従う

「Google Workspace」の管理コンソールに入り、ヘルプで「メールを受信できない」と検索すると、細かな手順が表示されます。

手順に従って確認する

表示された手順に従って、状況をチェックしてください。

「Check MX」を利用する

DNSでMXレコードも設定済の場合、「Check MX」を使用するよう表示されます。

このツールにドメインを入力すると、DNSの状態が細かに表示されますので確認して下さい。

Check MX: Check MX and SPF Records.

Googleサポートに問い合わせる

以上の事を確認しても問題が解決しない場合は、Googleサポートに問い合わせます。

電話、チャット、メールでも問い合わせ方法が選べますが、「チャット」が最も便利だと思います。

画面上の情報をコピペしたり、キャプチャした画像を添付できるからです。

問い合わせの際には、最初にテストした詳細な情報が必要になるかと思います。

 

自社サーバー管理者に確認する

「Google Workspace」には、メールログを確認できる機能も備わっています。

メールログを確認して、Google側にメールが届いていない場合は、自社サーバーの問題です。

サーバー管理者に確認して、状況を相談してみましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、独自ドメインでGmailを設定した場合において、メールが届かない、送受信できない場合の設定確認項目についてご紹介しました。

  • 状況をテストして詳細を確認してまとめる
  • ネームサーバーの値を確認して問題ないか確認する
  • 自社サーバー側にメールアドレスが存在する場合は削除する
  • Googleヘルプの手順に従い、googleのサポートを受ける
  • Googleにメールがない場合、自社サーバー管理者に確認する

以上となります。

なお、当社では、「Google Workspace」やテレワーク、IT関連のご相談を随時受け付けております。

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました