デジてん!メンバー

アナログとデジタルの融合を目指す「オンライン学習コミュニティ」

詳しく見る

ネットショップの始め方完全版!2022年おすすめのサービスは?

ネットショップの始め方とおすすめのECサービスEコマース

ネットショップやECサイトを開設し、商品を販売して売上を拡大したい!

これから開業するにあたり、おすすめのネットショップ・サービスを知りたい!

 

そんな事業者のために、ネットショップの始め方や最新のECサービスについて、

経済産業省推進資格ITコーディネータの筆者が詳しく解説していきます。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

無料ECをおすすめしない理由

現在は、BASE(ベイス)やSTORES(ストアーズ)など、

無料で始められるECサービスがありますが、おすすめできません。

 

なぜなら、無料で提供しているECサービスの多くは、

胴元に多大のメリットが発生する仕組みになっているからです。

 

ここでは、その具体的な理由を3つ解説したいと思います。

 

自社サイトの評価に繋がらない

一つ目は、SNSや広告等で頑張ってアクセスを集めても、

自社サイトの評価には繋がらないという事です。

 

ネットショップ(WEBサイト)は、Googleなどの検索エンジンに登録されます。

登録されたネットショップは、アクセス数やユーザーの検索回数などによって、評価され、ユーザーにとって、より有益なサイトが検索結果の上位に表示されます。

 

SNSや広告を利用し、頑張ってアクセスを集めたとしても、

その行動は、胴元サイトの評価を高める活動になってしまいます。

 

また、無料で提供されているECサービスについては、胴元の広告やリンクが設定されている場合が多く、せっかく自社のネットショップに来てくれたお客様が離脱(サイトから離れる)してしまう事に繋がりますので、さらに注意が必要です。

この場合、胴元サイトのために、お金と時間を浪費している事になります。

 

自社のお客様にならない

二つ目は、

実質的に自社のお客様にはならないという事です。

 

ネットショップ利用の際にはユーザー登録が必要となりますが、無料サイトやECモールの多くは、

胴元のサービス提供のために、お客様の個人情報が収集される仕組みになっています。

 

このため、大事な資産であるお客様情報は、実質的に自社の資産とはなりません。

例えば、購入したお客様にメルマガを送ったり、SNSやLINEでセール情報を送ったり、また、DMハガキを送ったりしたい場合には、別途費用がかかったり、お客様情報を得られなかったりと多くの制約が発生するケースがあります。

 

外部環境変化によるサービス変更

三つ目は、外部環境の変化による影響です。

デジタル化が進む現代社会のおいては、今提供されているECサービスも変化します。

 

特に、無料で提供しているECサービスは、突然のサービス停止や有料プランへの強制移行、他社売却によるサービス内容の変更など発生する事も少なくありません。

無料だからと言って、安易に本腰を入れて取り組むのは要注意です。

 

2022年おすすめのECサービスは?

それでは、ネットショップを開業するにあたり、

2022年の最新情報を元に、筆者のおすすめECサービスをご紹介します。

 

選定したポイントは、下記のような要件となります。

  • 初期費用が安い
  • 固定費が安い
  • 高度なITリテラシーが不要
  • 拡張性が高い
  • 多くの導入実績がある

 

また、電話やメール、売上アップセミナーなど、各社サポート内容も重要視しました。

 

結論から申し上げますと、

ショップと一体となり、EC機能はもちろん、運営についても伴走支援してくれるECサービス会社

がおすすめとなります。

 

月商100万目標なら「MakeShop(メイクショップ)」

利用ショップの平均月商が233万円の「MakeShop(メイクショップ)」

利用ショップの平均月商が233万円の「MakeShop(メイクショップ)」

 

ネットショップを始めて最初の売上目標は「月商100万円」です。

まずは、「10年連続で日本一売れるネットショップ開業サービス」と謳っている「MakeShop(メイクショップ)」について詳しくご紹介します。

メイクショップ公式サイトを見る

 

MakeShopの平均月商は233万円

MakeShopを利用しているショップの平均月商は233万円と公表されています。

 

この平均月商を維持できている理由として、

  • おしゃれなテンプレートが全て0円
  • 商品登録数は10,000点、商品画像12GB
  • 会員数は無制限、月最大50万通のメルマガ配信可
  • AmazonとYahoo!ショッピングと連携可
  • Instagramやアフィリエイト利用による集客

 

等が挙げられます。

メイクショップ公式サイトで確認する

 

低ランニングコスト

「MakeShop(メイクショップ)」のランニングコストを見ると、

月商20万円までは、ほとんどの有料カートよりも安く、月商50万円からは無料カートの競合サービスよりもお得になります。

 

低コストでサービスを提供できている理由として、MakeShop利用店舗は国内10,000店舗、世界150,000店舗という導入店舗数のスケールメリットがあるからです。

莫大な店舗数によって開発費を抑える事ができ、機能項目数も651機能が利用可能となっています。

メイクショップ公式サイトで確認する

 

15日間の無料トライアル

MakeShopでは、15日間の無料体験が利用可能です。

ネットショップ開設時に大事なのは、実際に利用してみる事。

 

無料体験によって、費用面のハードルはまったくありません。

まずは、気軽に15日間の無料体験を利用してみましょう。

メイクショップ公式サイトを見る

 

月商1千万目標なら「futureshop(フューチャーショップ)」

オムニチャネル対応ECサイト構築なら「futureShop(フューチャーショップ)」

オムニチャネル対応ECサイト構築なら「futureShop(フューチャーショップ)」

 

月商1千万円超えを目標とした場合、

アクセス過多に耐えられるサーバーと、高度なシステム開発が必要となってきます。

その場合、初期費用が数百万~数千万円かかるケースも珍しくありません。

 

ここでご紹介する「futureshop(フューチャーショップ)」は、

7店舗に1店舗が年商1億円超えという、確かな実績があります。

 

年商1億円超えを目指すなら、「futureshop(フューチャーショップ)」がおすすめです。

フューチャーショップ公式サイトを見る

 

EC事業ノウハウを蓄積できる

「futureshop(フューチャーショップ)」は、数多くの有名小売業が利用しています。

これらの小売業と同じ「ECサイト構築・運用環境」を実装できる事は、

これからネットショップを開設する企業の安定したシステム基盤となります。

 

また、「futureshop(フューチャーショップ)」では、電話やメールのサポート以外にも、勉強会やセミナー、コンサル(無料・有料)を多く実施しています。

そのため、自社のEC担当者が、売上アップに向けて自走できるスキルが身につきます。

フューチャーショップ公式サイトで確認する

 

実店舗連携も強い

「futureshop(フューチャーショップ)」は、

実店舗を持つ小売業とのソリューションを数多く展開してきました。

 

その結果がECシステムに反映され、

一つの機能として、または各機能の組み合わせで、すぐにでも「O2O(※)マーケティング」が展開できます。

 

例えば、次のような機能が実装可能です。

  • 実店舗との在庫や顧客情報の連携
  • BOPIS展開(※)
  • 会員情報やポイント機能の連携
  • 複数店舗のPOSレジとECサイトの連携・分析
  • 複数店舗とECサイトの商品情報の連携
  • 実店舗利用後のマーケティングオートメーション

 

時代の変化に合わせて、ネットショップと実店舗の連携は、今後ますます重要になってくるでしょう。

O2O(Online to Offline)
オンラインとオフラインを連携させ、購買活動や店舗来店などを促進させるためのマーケティング施策
※BOPIS(Buy Online Pick-up In Store)
ECサイトで注文して実店舗で受け取る事

フューチャーショップ公式サイトで確認する

 

まずは資料請求

「futureshop(フューチャーショップ)」では、ネットショップで新規顧客を獲得する方法や、リピート顧客を獲得する方法など、

自社ECの運営に役立つ情報をまとめた資料が無料で貰えます。

 

これからネットショップを開設にあたっての指針にもなりますので、

まずは、公式サイトから資料請求して一読してみましょう。

フューチャーショップ公式サイトを見る

 

ネットショップ始め方 ①事前確認

ここからは、ネットショップ開設にあたり、具体的にどう進めれば良いかを具体的に解説して参ります。

 

まずは初めは、情報収集による事前確認です。

ネットショップ開業に当たっては、次のような点を改めて確認しておく必要があります。

  1. 商品・サービスについて
  2. 実店舗の有無とネットショップとの連携
  3. 仕入れと支払のタイミング
  4. 在庫管理
  5. 物流
  6. 決済

一つずつ解説していきますので、自社の環境と合わせて確認してみて下さい。

 

商品・サービスについて

どんな商品で、どの位商品点数があるか、また、今後、どのように増えていくのか、予め確認しておきます。

 

また、各商品の粗利益率も改めて確認しておきます。

ネットショップを展開するにあたり、諸手数料が発生しますので、しっかりと利益が取れるようにしなければなりません。

 

これらを確認した内容によって、ネットショップをどのように展開していくかが決まります。

 

実店舗の有無とネットショップとの連携

実店舗がある場合、ネットショップとの連携も視野に入れておく必要があると思います。

 

顧客がネットショップから注文して、実店舗に商品を取りに行く事も想定できますし、

実店舗で商品を買ってくれた顧客に対して、ネットショップでの販売を促進する事も可能になります。

 

実店舗との連携をどうするかによって、ネットショップの展開方法が変わってきます。

 

仕入れと支払のタイミング

現在の仕入れと支払のタイミングがどうなっているのか確認しておきます。

  1. 仕入れ
  2. 売上代金の回収
  3. 仕入代金の支払

が、キャッシュフロー経営の原則です。

 

在庫管理

現在の在庫管理方法がどうなっているのか確認します。

 

ネットショップ展開後は、実店舗の在庫とネットショップ上の在庫を合わせておく必要があります。

場合によっては、新たな在庫管理方法が必要になるかもしれません。

 

物流

現在、契約している運送業者との運賃や集荷方法など確認しておきます。

いざ注文が入った時に、発送に手間取り、納期遅延とならないよう注意しましょう。

 

決済

今、契約している決済手段はどんなものがあるか確認しておきます。

始めようとしているネットショップでも使えるかもしれません。

 

ネットショップ始め方 ②ECサービス検討

事前確認によって情報が整理できたら、具体的なECサービスの検討に入ります。

ネットショップ開設にあたって利用できるECサービスには様々な種類があります。

  1. ECモールへの出店
  2. ASP(SaaS)の利用
  3. ECパッケージ
  4. オープンソース
  5. クラウドEC
  6. フルスクラッチ
  7. 構築相談から丸投げ

 

ここからは、ネットショップの開設にあたって必要な、ECサービスの種類について一つずつ解説していきます。

 

メリットやデメリット、また利用する場合のおすすめも解説していますので、

事前に収集した情報と照らし合わせて確認していきましょう。

 

オンラインモール(ECモール)への出店

楽天市場やAmazon、YahooショッピングなどのECモールへ出店する方法です。

 

○代表的なECモール

 

○メリット

  • モール全体の集客力がある
  • モール規定の決済方法が使える
  • 物流を利用できる

 

○デメリット

  • モール規約に縛られる
  • 自社のシステム連携が難しい

 

○筆者のおすすめ

ECモール出店の場合、筆者のおすすめは「楽天市場」です。

楽天市場の規約に準じる必要がありますが、楽天市場の集客力は高く評価できると言えます。

コストは、出店料等含め、売上の約15%くらいが目安となります。

 

ASP(SaaS)を利用する

ASP(アプリケーションサービスプロパイダ)は、

ネットショップ運用に必要なソフトウェアをクラウド上のサーバーで利用できるサービスです。

 

ASPはSaaS(サースまたはサーズ)と混同される事がありますが、厳密にいうとASPはソフトウェアを提供する事業者の事を指し、SaaSはソフトウェアそのものを指しています。

 

無料で始められるサービスが多いのも特徴ですので、

まずは試してみて、自社に合ったASPを導入して構築していくと良いと思います。

 

○代表的なASP

 

○メリット

  • ソフトウェアのメンテナンスが不要
  • すぐにネットショップを展開できる
  • 費用対効果が高い

 

○デメリット

  • 集客は原則として自力で行う必要がある
  • ASP側に有利な決済方法が設定されている場合がある
  • 機能増加したい場合に、追加料金がかかる場合がある
  • カスタマイズの制限がある
  • システムの連携が難しい
  • デザインに縛りがある

 

○筆者のおすすめ

冒頭でも解説しましたが、ASP(SaaS)利用の場合は、

futureshop(フューチャーショップ)がおすすめです。

 

特に実店舗がある場合、ネットショップとの連携ができ、相乗効果が期待できます。

フューチャーショップ公式サイトを見る

 

ECパッケージ

ECパッケージは、ネットショップの立ち上げから、運用までを構築する「ECサイトシステム」です。

 

ECパッケージの最大のメリットは、カスタマイズやシステム連携を前提にしたECシステムだということです。

そのため、自社の基幹システムとの連携や、在庫管理・物流システムとの連携をすることが可能です。

 

○コストの目安

・イニシャルコスト
導入費用 数百万円~
・ランニングコスト
月々 数十万円~

 

○代表的なECパッケージ

  • EC-ORANGE
  • コマース21
  • ECbeing
  • eltexDC

 

○メリット

  • フルスクラッチより安価で、システムが同等

 

○デメリット

  • セキュリティやメンテナンスを自社で管理する必要がある
  • システムが古くなる
  • 開発費が高額

 

○筆者のおすすめ

もともとはオープンソースのEC-CUBEをベースに、ECパッケージとして提供されていましたが、2019年4月に完全オリジナルのパッケージとして提供されている「EC-ORANGE」がおすすめです。

自社にエンジニアがいる場合は、比較的自由なカスタマイズが可能です。

 

オープンソース

主に一般向けに無償公開されているネットショップ構築システムを言います。

ECパッケージ同様、カスタマイズが自由ですが、

自社で運用する場合は、システムに詳しい人間が必要不可欠です。

 

無料のオープンソース型から、数百万かかるパッケージまであります。

一度導入したら、長期的に運用していく事になりますので、慎重に検討すべきです。

 

○コストの目安

・イニシャルコスト
導入費用 数千円~
・ランニングコスト
月々 数千円~数十万円

 

○代表的なオープンソース

  • EC-CUBE
  • OS Commerce
  • Zen Cart

 

○メリット

  • カスタマイズが自由

 

○デメリット

  • セキュリティやメンテナンスを自社で管理する必要がある
  • 障害発生時の責任の所在は全て自社にある

 

○筆者のおすすめ

筆者のおすすめは「EC-CUBE」です。

導入企業者数が35,000店以上あり、情報もたくさん出ています。

 

自社にエンジニアがいる場合は、自由にカスタマイズを行い、安価でネットショップを運用していく事が可能です。

 

◯オープンソース構築済みもある

自社でカスタマイズできる事が魅力のオープンソースですが、

インストールやアップデート時には高度なITスキルが必要です。

 

スキル不足だと感じている場合は、

オープンソース構築済みサービスを利用するのが安心です。

 

中でも、EC-CUBEをベースに構築できる

Xserver(エックスサーバー)ショップ

なら、月額1,980円(税込)からEC-CUBEによるECサイト構築が実現可能です。

高度な知識がないが、オリジナルのECサイトを作りたい場合はぜひ検討してみて下さい。

Xserverショップを見る

Xserver(エックスサーバー)は、レンタルサーバーの最大手になります。このサイトもエックスサーバーで構築しており、安定した運用が可能ですのでチェックしてみて下さい。⇒Xserverショップを見る

 

クラウドEC

EC基幹システムと自社の独自カスタマイズを、クラウド上で展開するのがクラウドECです。

 

○コストの目安

・イニシャルコスト
導入費用 数百万円~
・ランニングコスト
月々 数十万円~

 

○メリット

  • システムが常に最新

 

○デメリット

  • オンプレミスが不可(自社のサーバーで管理できない)

 

フルスクラッチ

企業の要望に応じてオーダーメイドでシステムを組みます。

 

○コストの目安

・イニシャルコスト
導入費用 数千万円~
・ランニングコスト
月々 数十万円~

 

○メリット

  • システム連携が自由

 

○デメリット

  • 開発費が高額
  • システムが古くなる

 

構築相談も含めて丸投げ

いずれのECサービスでも、自社でリソースが足りない場合、

構築相談も含めて、外注を前提として検討するのが得策と言えます。

 

WEBサイト制作会社の多くは、ノウハウを蓄積しているため、最新のマーケティング情報も手に入ります。

 

とはいえ、日本全国にWEBサイト制作会社やシステム開発会社は多く存在しており、業者探しだけでも大変な作業です。

この場合、一括見積サービスを利用するのが便利です。

 

ご紹介する「比較biz」は、無料で手間をかけずに複数社の見積が取れます。

もちろん、見積が出た後に断っても費用は発生しません。

費用の目安や相場観も分かりますので、まずは気軽に利用してみましょう。

比較biz公式サイトを見る

業者選定だけでも時間がかかりますので、一括見積サービスは積極的にに利用したいサービスです。⇒比較biz公式サイトを見る

 

ネットショップ始め方 ③運用の検討

ネットショップは、その完成が目的ではありません。

 

公開後の運用を前提に、ネットショップの開発を進めていかないと、

最終テスト段階で「こんなはずじゃなかった!」という事になりかねません。

 

公開後の運用をどうするか、選定したECサービスと合わせて、

その業務フローをできるだけ明確にしておくことが最も重要です。

 

ここでは、

  1. 集客
  2. 新商品
  3. 注文処理
  4. 在庫管理
  5. 物流
  6. 決済
  7. 変化への対応

 

について、詳しく解説していきます。

 

集客

ネットショップ開設後、もっとも大切なのは「集客」をどうするかです。

近年はASPでも集客支援のサービスがありますが、ECモール以外は基本的には自社で集客する必要があります。

 

そのため、広告・SNS・メールマーケティング・アフィリエイト等の集客をどうするのか検討する必要があります。

 

新商品

公開後、新商品ができた場合の商品登録は誰がどのように行いますか?

 

写真撮影や、商品登録、ページの作りこみなどを、その都度、サービス提供会社に依頼するのか、自社で作業できるようにするのかを検討しておきます。

 

注文処理

注文が入ってから出荷までの業務フローをどうするのかを検討しておく必要があります。

なるべく手間をかけないよう、予めシステムに組み込んでおけるかもしれません。

 

在庫管理

実在庫とネットショップ上の在庫、また、実店舗がある場合は、売り場での在庫を合わせておく必要があります。

在庫管理で時間を潰さず、販売促進や新商品の開発に注力すべきです。

 

物流

運送業者との契約がどうなっているか、改めて確認しておきます。

ネットショップを運用するにあたって、送料は必ず発生します。

送料で利益が圧迫されないよう考慮する必要があります。

 

決済

商品を販売する以上、仕入が発生し、売上を回収する必要があります。

売上代金を回収する前に、仕入代金を支払ってしまっては、受注が増えれば増えるほど、手持ち資金が枯渇してしまいます。

 

売上代金の回収⇒仕入代金の支払

となるよう、決済関連を確認しておきましょう。

 

もちろん、決済手数料がどのくらいかかるのかも重要です。

 

変化への対応

情報の流れは加速しています。

状況に応じて、ネットショップの機能を拡張する必要も出てくるでしょう。

 

その際に、新たなコストがどのように発生するのか、事前に評価しておく必要がると思います。

 

ネットショップの始め方 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ネットショップ開業にあたり、

  • 情報収集によって事前確認を行う
  • 目的や予算によってECサービスを選定する
  • ネットショップ運営において必要な事を整理する

 

について解説致しました。

 

資料請求を待つ間に無料体験する

最後に、ネットショップ構築のノウハウを得ながら、

大まかな運用をノーリスクで知る方法をご紹介します。

 

今回ご紹介した、「futureshop(フューチャーショップ)」では、ネットショップ運営のノウハウが詰まった資料を無料で取寄せる事ができます。

ネットショップ構築の指針にもなりますので、まずは資料請求してみましょう。

フューチャーショップの無料請求はこちら

 

また、「MakeShop(メイクショップ)」は、15日間無料体験が可能です。

「futureshop(フューチャーショップ)」の

資料到着を待つ間、無料体験を試してみるのが良いと思います。

メイクショップ無料体験はこちら

 

下記の記事では、ECサイトの立ち上げフローについて、図を交えて詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ECサイトの立ち上げに必要な構築フローを詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました