12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

LINE公式アカウント「ステップ配信」オーディエンス特徴と活用事例

LINE「ステップ配信」オーディエンス特徴と活用事例LINE

LINE公式アカウントの「ステップ配信」では、

顧客とのLINEのやり取りに合わせて、自動的にメッセージを配信する事が可能です。

 

LINE公式アカウント「ステップ配信」

LINE公式アカウント「ステップ配信」

 

メッセージを配信するにあたり、様々な条件分岐が必要になります。

従来の条件分岐に加えて、

新たに「オーディエンス(配信の対象)」が加わりましたのでご紹介したいと思います。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

新たに「オーディエンス」による条件分岐が可能に

これまでは、年齢や性別、地域などの属性に対して条件分岐ができましたが、

2022年2月14日の公式新たに「オーディエンス(配信の対象)」による条件分岐が可能になりました。

 

LINE公式アカウントの「ステップ配信」に「オーディエンス」が設定可能に

LINE公式アカウントの「ステップ配信」に「オーディエンス」が設定可能に 引用:「LINE for Business」プレスリリース

 

LINEステップ配信の活用事例

これにより、従来よりも、より複雑な条件でメッセージ自動配信が可能になります。

 

例えば、

  • メッセージ内のリンクをクリックした
  • 過去に配信したメッセージを開封した
  • 自社ウェブサイトを訪れた

 

などです。

 

具体的な活用方法としては、例えば次のようなステップ配信ができそうです。

 

①開封から◯日後にお得な情報を送信

X月X日に配信したメッセージを、開封したユーザーに対して、開封日から○日後にお得なセール情報のメッセージを自動配信する

メッセージを開封したユーザーだけに訴求する事で購買意欲を高める事ができます。

 

②かご落ちリマインド

ネットショップで、商品をカゴに入れたが未購入の「友だち」に対して、リマインドメッセージを自動送信

購入を検討している友だちに、購入のきっかけを与える事ができます。

 

③見込客にだけ、商品の追加訴求を行う

X月X日に配信したメッセージをクリックした「友だち」にのみ、時間帯を変えて商品の追加訴求を行い、ネットショップに送客する。

メッセージの一斉配信した友だちの中で、商品に興味を持っている友だちだけに再度訴求する事で、購買意欲を高める事ができます。

 

より細かな設定は有料サービスが必要

新たにオーディエンスが加わった事で、出来る事の幅は広がりましたが、

より複雑なステップ配信を行う場合には、有料サービスが必要です。

 

Lステップも有名ですが、

配信量で料金が左右されない

10個までのステップ配信が無料の

プロラインフリーがおすすめです。

 

プロラインフリー

プロラインフリーでは、複雑なステップ配信条件も簡単に設定できる

プロラインフリーについて詳しく見る

 

LINE「ステップ配信」のオーディエンスまとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、LINE公式アカウント「ステップ配信」のオーディエンスについて、その特徴と活用事例をご紹介しました。

 

より細かい条件分岐を行うには、有料サービスを利用する必要がありますが、

とりあえず公式で実行できる範囲で、実装をテストしてみるのも良いかも知れませんね。

 

下記の記事では、LINEを活用したマーケティング戦略の特徴と具体的な方法について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒LINEマーケティング戦略の特徴と具体的な方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました