12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

LINEマーケティング戦略の特徴と具体的な方法

LINE

マーケティングの重要性をなんとなく理解はしていても、なかなか一歩を踏み出せない企業や経営者は多いです。

そんな方におすすめなのがLINEマーケティングです。

 

国内最大のSNSとして知られていて、使用していない人を探す方が難しいとも言われるLINEを活用できれば、マーケティングチャネルとしてはとても魅力的です。

効果的で手軽に始められるツールとして、ビジネスでの活用をしない手はありません。

 

今回は、手軽に始められるLINEマーケティングについて、経済産業省推進資格ITコーディネータの筆者がわかりやすく解説致します。

 

下記の記事では、SNS運用方法のコツについて解説しています。なかなか手が付けられないという方はぜひご覧ください。⇒SNS運営と運用方法のコツを見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

LINEマーケティングの特徴

そもそもLINEにはチャットやスタンプのほか、広告配信など情報のやりとりをいろいろな方向から楽しむ機能が満載です。

これらを使ってマーケティングを展開するのが、LINEマーケティングです。

 

LINE公式アカウントを作成してたくさんの人に友達登録をしてもらえば、手軽に広告を目にしてもらうことができます。

プッシュ通知や1対1のトークにも活用でき、販促手段を簡単に増やせる便利なコンテンツです。

多くの人が楽しんでいて、もはや生活の一部にもなっているSNSなので、

ユーザーの抵抗感も少なく警戒されないのも大きなメリットです。

 

LINEは「リストマーケティング」

「リストマーケティング」とは、顧客情報を収集してリスト化し、リストの顧客に対して直接セールスを行う方法です。

LINEの場合は、「ステップ配信」が利用可能なため、

友だちになれば、自動的にアプローチを行い、販売まで自動化できます。

 

2022年2月14日に、公式で行えるステップ配信に「オーディエンス」機能が追加されています。詳しくは下記の記事をご覧下さい。⇒LINEステップ配信オーディエンス特徴と活用事例を詳しく見る

 

LINEマーケティングとメールマーケティングの違い

従来から行われている

Eメールによる「メルマガ」「ステップメール」もリストマーケティングとなります。

 

LINEマーケティングはメールマーケティングとよく比較をされますが、その違いとは何でしょうか。

ここでは、両者の違いについて解説したいと思います。

 

開封率が高いLINE

まずLINEは

開封率が高い特徴があります。

日常的にLINEをチェックする習慣を持つ人は多く、開封するのにあまり抵抗感がありません。

 

ただし、LINEは

文字数制限があるため、長文には向いていません。

長文を送った場合、見てもらえる確率はかなり下がるでしょう。

 

長文が送れるメール

長文を送りたい時には、メールマーケティングのほうが向いています。

文字数が多く必要な時は、メールマーケティングと使い分けている企業も多いです。

 

ただし、

メールは受信したまま放置する人も結構います。

メールを読んでもらう前に、メールを開封してもらう工夫が必要となってきます。

 

LINEマーケティングでできることとその効果

LINEを使えばメッセージを一斉に配信することができます。

配信にかかる時間は大幅に少なく済むため、自社商品の紹介やキャンペーンの開始に役立ちます。

予約送信もできるため、時間を決めて狙い撃ちも可能です。

 

LINE VOOM(旧タイムライン)

2021年11月25日から、タイムラインは「LINE VOOM(ブーム)」に替わりました。

LINE VOOMは、通常のLINEアカウントの友だちとは異なり、相手をフォローする事によって、相手の投稿を閲覧する事ができます。

InstagramやTikTokと似たような機能で、フォロワーに対してアプローチする事ができます。

 

クーポンやポイントカードの発行

LINE公式アカウントでは、

クーポンやポイントカードを無料で作成する事が可能です。

クーポンの配信や企業のオリジナルポイントカードを作成すれば、販促やリピーター獲得に役立てる事が可能です。

 

ステップ配信

LINEマーケティングの最大の魅力とも言えるのが「ステップ配信」です。

いったん友だちになってしまえば、

様々な条件分岐によって自動メッセージを配信してアプローチする事ができます。

 

ただし、過度のアプローチや宣伝文句は、ブロックの対象となり、企業イメージも損ないますので注意が必要です。

 

LINEマーケティングで簡単にPR

いかがだったでしょうか。

今回は、LINEマーケティングについて解説致しました。

  • LINEマーケティングでメッセージの一斉配信や広告配信、双方向のコミュニケーションが取れる
  • LINEマーケティングは開封率が高い、メールマーケティングは長文を送る事ができる
  • タイムラインやクーポン発行、ポイントカードなど、LINEマーケティングによる販促が可能

 

LINEマーケティングを利用すれば、たくさんの人に一気に宣伝をすることができます。

手軽なSNSなので、

メールマーケティングと比較しても抵抗感なく見てもらうことができるのも特徴的です。

 

ユーザーの動向を把握するのも比較的簡単ですし、クーポンで手軽に販促できる点もメリットとして挙げられます。

日本で最も普及しているSNSを利用して、簡単にマーケティングを始める企業が増えています。

 

デジタルマーケティングについて詳しく学ぶ場合、”正しい情報かどうかわからず独学で学ぶ”よりも、スクールで学んだ方が、お金も時間も節約できます。下記の記事では、費用対効果の高いスクールをまとめましたので、合わせてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました