オウンドメディアの始め方と運用方法やアーンドメディアとの関係

オウンドメディア

企業が自前で情報を発信するメディアを保有することを、マ-ケティング用語でオウンドメディアと呼びます。

このオウンドメディアをうまく活用することで利益向上につなげられるのですが、ただ認知度が低いためオウンドメディアの始め方や運営方法を知らない人のほうが多いです。

そこでこれから新しい店舗を運営するなどの理由でオウンドメディアを活用したい人のために、この記事では始め方や運営方法などを紹介します。

 

オウンドメディアの成功事例について下記の記事にまとめてあります。始める際や運用のヒントになりますので合わせてご覧下さい。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

⇒筆者の情報

オウンドメディアの始め方

オウンドメディアを始めたい場合には、読み手の設定をすることが大事です。

読み手とは消費者のことであり、悩みを抱えている消費者と自社の製品やサービスとの関係性をいくつかコンテンツという形でピックアップしておきます。

ピックアップした情報をもとに原案ができたら印刷会社もしくはホームページ作成サービスと提携をして、消費者に情報を提供するためにパンフレットもしくはホームページを作るという形です。

 

オウンドメディア運用チームを作ろう

オウンドメディアを運用するなら、チームを作ることが重要です。

オウンドメディアを運用後に、あまり効果を発揮できていない場合には発信する情報に対して消費者の心に響いていないもしくは発信する相手を間違えている可能性が高いです。

その間違いに気づいてすぐに行動をするためには、常に情報発信をする人材だけでなく市場を確認する人材と収集してした情報を伝達する人材が必要になります。

 

もうひとつのマーケティング用語アーンドメディア

新しいマーケティング用語として、アーンドメディアというものがあります。

アーンドメディアはSNSにいる人たちに伝達してもらうことであり、使ってみた印象をより幅広く伝えるマーケティング手法です。

企業はオウンドメディアによって商品やサービスを知ってもらい、それを実際に利用してもらうことで商品とサービスを深く認知してもらいます。

そして商品やサービスを実際に使ったイメージや印象を、SNSで発信してもらうことで幅広い人たちに伝わることにより利益向上につながるという形です。

 

問題を解決するための道筋づくりをしっかり行おう

いかがだったでしょうか。

今回は、オウンドメディアの始め方と運用方法について、またアーンドメディアについて解説しました。

  • オウンドメディアを始めるには、読み手の設定をすることが大事
  • オウンドメディア運用チームを作り、目的をもって運用する
  • アーンドメディアは、SNSで発信してもらう事で認知してもらう手法

オウンドメディアを成功させるコツとしては、問題を解決するための道筋を作ることです。

悩みに対して解決法があることを認知してもらい、その方法論として自社の製品やサービスを紹介します。

もちろん自社だけではなく別の企業も同じようなサービスを提供しているので、自社と他社の違いを比較したうえで自社の製品やサービスを使うメリットを伝えます。

このように道筋を作ることで、消費者に対してわかりやすい内容になります。

 

なお、現代のビジネスにおいて、

WEBマーケティングは必須のスキルです。

インターネット上にも情報はたくさんありますが、正しい情報かわからず独学で学ぶより、

正しい知識を持った人に聞いたほうが時間もお金も有効なのは間違いありません。

WEBマーケティングのスクールについて調査しましたので、ご興味ある方は合わせてご覧下さい。

 

WEBマーケティングを学べるスクールはたくさんありますが、「無料コンサル」や「無料体験」などを受けてみる事をおすすめします。自分ひとりではわからない事も、素直に聞く事で視野が大きく拓けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました