12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

ローカルSEOとは?MEOとの違いと対策方法を解説!

ローカルSEOとMEOとの違い及び対策方法ローカルSEO

昨今、SEO対策の一環としてローカルSEOが注目を集めています。

ローカルSEOは、特定の場所の検索で上位表示を狙うのが特徴です。

 

スマホなどのモバイル端末の普及により、ローカルSEOの有効性が急速に高まってきました。

ローカルSEOとう単語は、しばしばMEO(地図エンジン最適化)と並べて用いられます。

今回はMEOとの違いに言及しつつ、ローカルSEOの具体的な対策方法を紹介します。

 

下記の記事では、Googleビジネスプロフィール(旧マイビジネス)を活用した集客方法について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒Googleマイビジネスを活用した集客方法について詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

1.Googleマイビジネスへの登録

ローカルSEOの具体的な対策方法としては、

まずGoogleビジネスプロフィール(旧マイビジネス)への登録が挙げられます。

 

Googleでは地域性のある検索はマップが表示され、関連施設が地図上にフラグ表示されます。

このように、Googleマップ上に表示されるためのSEOがMEOと呼ばれるものです。

 

MEOは日本独自の用語で、yahoo!対策でも行われています。

即ち、ローカルSEOとMEOは基本的に同じ施策です。

 

某SEOコンサルティング会社の調査によると、

ローカル検索で上位表示される要因の第一位が「Googleビジネスプロフィールへの登録」となっています。

 

2.ナレッジパネルの活用

ローカルSEOの対策方法の2番目は、ナレッジパネルの活用です。

 

ナレッジパネルは検索結果の右欄に表示され、キーワードの詳細情報が得られます。

ナレッジパネルには、店舗や会社等に対する評価や口コミが掲載されたりします。

特に口コミは、ローカル検索での上位表示にとって効果的です。

 

3.写真を掲載する

ローカルSEO対策3番目の方法は、写真を掲載することです。

 

Googleマイビジネスには写真の掲載機能があり、会社や店舗のイメージをより鮮明にできます。

写真の追加はGoogle自体も推奨しており、「商品やサービスに焦点を当てられる」としています。

 

4.NAP情報の統一

ローカルSEO対策4番目の方法は、NAP情報の統一です。

 

NAPはName(名前)とAddress(住所)、Phone(電話番号)の頭文字を並べた用語です。

 

Google検索などでは、

表記が統一されていない情報は、異なったものとして認識される傾向があります。

 

閲覧者にとっても、表記が統一されていないと混乱する恐れがあります。

 

5.ナチュラルリンクを獲得する

ローカルSEO対策5番目の方法は、ナチュラルリンクを獲得することです。

 

ナチュラルリンクの獲得は、ローカルSEOに限らずSEO対策の王道を言われます。

他のサイトにリンクされるWebサイトやコンテンツを制作すれば、ローカル検索でも威力を発揮します。

 

サイトの信頼性を高める

いかがだったでしょうか。

今回は、ローカルSEOとは何かを説明したうえで、MEOとの違いを解説し、ローカルSEOの具体的な対策方法を紹介ご紹介しました。

 

スマホなどのモバイル端末の普及により、ローカルSEOの有効性が急速に高まってきました。

ローカルSEOの対策としては、Googleマイビジネスへの登録は不可欠です。

その上で店舗や会社情報を充実させれば、閲覧者にとっての利便性が高まります。

 

また、閲覧者との関係性と強めることで、サイトの信頼性が高まるものです。

その結果、検索エンジンが高く評価し、ローカル検索の上位表示につながると言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました