SNSによる広告収入の仕組みと収益化の方法!

SNSによる広告収入の仕組みと収益化の方法SNSマーケティング

多くのSNSにおいて、広告収入が得られる事をご存知でしょうか?

アフィリエイト広告の設置や、企業から依頼を受けた商品PRなど、様々な形で広告収入を目指すことができます。

広告を設置するための条件や、広告収入が発生する仕組みは案件によって変わります。

 

今回は、SNSで広告収入を得る仕組みや、どんな時に報酬を受け取れるかなどを簡単に解説していきます。

 

下記の記事では、稼げるおすすめのSNSを、収入相場のランキング形式でご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒稼げるおすすめのSNSと収入相場ランキングを詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

広告収入を得るための仕組み

さっそく、SNSで広告収入を得る仕組みを解説したいと思います。

 

SNSによる広告収入3つ

SNSで広告収入を得る方法は次の3つで、

  • アフィリエイトなどのサービスを利用する
  • 企業からの案件を引き受ける
  • SNSが提供している収益化サービスを利用する

 

などの方法が一般的です。

 

それでは、ひとつずつその仕組みと特徴を解説していきたいと思います。

 

アフィリエイトによる広告収入

まず初めに、ブログでも馴染み深い

アフィリエイト広告による収入です。

 

アフィリエイトの場合は商品購入などの成果に対し報酬が発生する形が一般的ですが、企業案件を引き受けて宣伝をする場合は、

文章や写真を使って情報発信をするだけで報酬を受け取ることができます。

 

なお、アフィリエイトを提供している会社「ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)」によっては、

SNSでの広告配信を禁止している場合もありますので事前に確認しましょう。

 

下記の記事では、SNSアフィリエイトが可能なASPをご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒SNSアフィリエイトが可能なASPとおすすめ案件を詳しく見る

 

企業案件の獲得

次に企業案件を獲得し、その広告収入を得るケースです。

企業案件を受ける為には、

フォロワーを増やしインフルエンサーと呼ばれる存在を目指すことが有効です。

 

また、ひと口に「インフルエンサー」と言っても、フォロワー数によって特徴が異なります。

フォロワー数によって、企業へのアプローチの仕方が異なりますので工夫が必要です。

 

インフルエンサーの定義
インフルエンサーの定義フォロワー数リーチエンゲージメント率
◯トップ/メガインフルエンサー100万人以上大きい低い
◯ミドル/マクロインフルエンサー10万人以上
◯マイクロインフルエンサー1万人~数万人
◯ナノインフルエンサー1万人以下小さい高い

 

収益化サービスの利用

他にも、一定のフォロワー数を獲得するなどの条件をクリアすれば、

広告を設置できる収益化プログラムを利用できるようになっていることがあります。

 

例えば、Instagramでは「リールサマーボーナス」という収益化プログラムがあります。

「リールサマーボーナスプログラム」に参加すると、

リール動画の配信によって、Instagramから収益を得ることができます。

 

また、LINEでも「タイムラインの収益化」という収益化プログラムが用意されています。

自身のタイムライン上で公開した動画に表示される広告によって収益が得られる仕組みです。

「タイムラインの収益化」では、Youtubeのように、

視聴回数や登録人数が多いほど、得られる収入も大きくなります。

 

下記の記事では、各SNSの収益化モデルを解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SNSで稼ぐ仕組みと収益モデルを詳しく見る

 

 

 

SNSで広告収入を得るには

SNSを収益化するために欠かせないのが、フォロワーの存在です。

発信に対する影響力が大きければ大きいほど、条件が良い企業案件が舞い込みやすくなります。

 

自分の手で広告を設置する場合であっても、フォロワー数によって反響や成果が大きく変わることは少なくありません。

ただ、フォロワー数が多くても、

普段の発信と広告の内容が合わなければ、成果に繋がらない可能性が高くなります。

 

効率良く広告収入を得るためには、発信内容に統一感を持たせるなどのブランディングを意識しておくことが有効です。

ジャンルやテーマを明確にすれば、企業からのPR依頼も増えやすくなります。

 

SNSで広告収入を目指す

いかがだったでしょうか。

今回は、SNSによって得られる広告収入について、その仕組みと収益化の方法について解説致しました。

SNSも活用法次第で、広告収入が得られるツールの一つです。

 

広告収入の得方にはいくつかの種類がありますが、共通するのは影響力が大きい程、稼ぎやすい状態を作れることです。

アカウントの影響力が大きくなれば、効率良く稼げる企業案件も入りやすくなります。

 

広告収入を目指す場合は、自分自身のファンやフォロワーを増やすことに力を注いでおくことが有効です。

 

下記の記事では、複数SNSの自動連携について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SNS連携のやり方とアプリやサービスについて詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました