12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

SNS広告の仕組みとその効果について解説!

SNS広告の仕組みとその効果についてSNSマーケティング

現代においてSNSは、

若者だけでなく幅広い世代が利用しているコミュニケーションツールです。

 

SNSを広告にうまく利用することができれば、高い広告効果を見込めるかもしれません。

今回は、

SNS広告がどの様な仕組みになっていて、どのような効果が期待できるのかについて解説致します。

 

今後の広告戦略を考えるうえで参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧下さい。

 

下記の記事では、SNSによる広告収入の仕組みと収益化の方法について詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SNSによる広告収入の仕組みと収益化の方法について詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

従来のWEB広告と違い

これまでもWEB上の広告は多く利用されてきました。

SNS広告がこれまでのWEB広告と異なるのは、

コミュニケーションツールとして毎日使っているものに広告を表示できる点です。

 

SNSはコミュニケーションツールとして毎日使うもので、自然と広告を目にする頻度が高くなります。

WEB検索のように興味のある人がピンポイントで検索する広告と異なり、

年齢や性別、興味関心など細かくセグメントできる点が最大の特徴と言えます。

 

広告料については、表示数やクリックによって広告料を支払う形が多いです。

 

投稿による広告も

システム的に表示する広告だけではなく、投稿によって広告を行う場合もあります。

自社でアカウントを持ち、情報発信をしているケースもあります。

インフルエンサーなどを利用してより強い情報発信を狙うこともあるでしょう。

 

SNSは人を介して情報を拡散していく効果が高いです。

 

SNS広告のメリット

SNS広告のメリットとしては、

比較的若い世代を中心に広告を自然に目にしてもらえる点です。

 

また、ターゲティングによって、地域や年齢、興味関心などでセグメント配信する事が可能です。

多くの人の目に触れることで、これまでアプローチできなかった層へのアピールも可能になります。

どのツールを使うのかにもよりますが、

製品やサービスに対して、ターゲットが明確なSNSを選べば広告効果は高くなります。

 

どのような効果を期待するかを明確に

いかがだったでしょうか。

今回は、SNS広告の仕組みとその効果について解説致しました。

すべての広告がSNS広告に向いているわけではありません。

 

特にSNS広告に向いているのは幅広く知ってほしいもの、これから興味を持ってもらうための準備段階です。

期待する効果によっては、SNS広告と合わせてほかの広告手段なども使っていく必要があるでしょう。

広告の目と的、どのような効果を求めるかをまず明確にしましょう。

 

下記の記事では、SNS運用と戦略に関するおすすめの本を10冊ご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒SNSの運用と戦略に関するおすすめの本を詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました