12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

ツイッター名前の決め方のコツは?良い例と悪い例を紹介!

ツイッター名前の決め方のコツTwitter

ツイッターに表示する名前は、企業やお店のことを広く多くの人に知ってもらうためにとても大切な部分です。

ツイッターにはアカウント名とユーザー名の2つがあります。

 

アカウント名はアイコンの隣に表示される太文字の名前で、日本語で設定することもできます。

ユーザー名は@から始まる英数字の文字列です。

ここではツイッターの名前を決める際のコツを、例を交えながら紹介します。

 

下記の記事では、初心者に向けたツイッターの使い方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者のためのツイッター使い方講座を詳しく見る

 

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

ツイッター名前の決め方のコツ

一般的にツイッターで企業や店舗のアカウントを作成する際は、アカウント名に企業名や屋号を入れるのが一般的です。

同じ名前の企業が複数ある場合には、地名や業種なども書いておくと分かりやすいです。

 

ユーザー名はすでに使われている文字列は設定できません。

すでに希望する文字列が使われていた場合は、

小文字を大文字にしたり、設立日などの数字を加えたりなどの調節が必要です。

 

ツイッター名前の決め方の良い例

ツイッターの名前の良い例は、ユーザーが企業名や店舗名を容易に認識できるものです。

 

これまでに企業や店を利用したことのない人にも、

名前と地域、業種が分かるようにしてあると、利用につながる可能性が高まります。

 

ツイッター名前の決め方の悪い例

一方、悪い例はアカウント名が長すぎるものや短すぎるものです。

ひと目見て、何をしているのか分からないと宣伝効果が薄れることがあります。

 

また長すぎるユーザー名や英数字を脈絡なく組み合わせたユーザー名は、他の人が覚えづらいため向いていません。

 

名前とプロフィールの関係

プロフィールはアカウント名とユーザー名の下に表示されます。

ツイートに興味を持った人が見る部分なので、充実させおく必要があります。

 

企業や店舗のアカウントの場合、企業や店舗の住所や連絡先・営業時間などを入れておきます。

ホームページがある場合、リンクを貼っておくとよいでしょう。

 

文字数に余裕があれば担当者のプロフィールも簡潔に伝えるとよいです。

 

ツイッターの名前は企業の顔

いかがだったでしょうか。

今回は、初心者の方に向けて、ツイッターの名前の決め方について解説致しました。

 

ツイッターでの表示名は、企業の名札のようなものです。

すでに獲得済みの顧客だけでなく、企業や店のことを知らない人にも名前や地域が分かるようにしておくとよいでしょう。

 

またアカウント名やユーザー名は誰にとっても覚えやすいものが好まれます。

同じ名前の別の企業と区別できないものや長すぎる文字列は覚えにくいため避けます。

名前を工夫することで、ユーザーが企業や店に興味を持つ入り口を広げることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました