12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

ツイッターの賢い使い方の事例5つを紹介!

ツイッターの賢い使い方の事例紹介Twitter

ツイッターは拡散性の高いメディアとして使用する人が多いSNSです。

上手に活用することで、趣味や仕事に大きく役立つ可能性が高くなります

 

そこで今回は、ツイッターの賢い使い方について、具体的な使い方を5つご紹介します。

 

下記の記事では、初心者に向けたツイッターの使い方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者のためのツイッター使い方講座を詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

トレンドを確認する

現在どんなものが流行しているのか、世界規模でわかるのがツイッターの特徴です。

そのため、トレンドを知って副業などに役立てたいときには、

トレンドと関連キーワードをチェックできるため、参考になる可能性が高いです。

 

検索エンジン代わりに使う

検索エンジン代わりに使用して知りたい情報を詳しく理解するために利用することもできます。

 

ツイッターでは最新の情報が掲載されているため、最新情報を調べたい人にうってつけです。

特に通常の検索エンジンを使用しても満足できる情報がなかった時に役立ちます。

 

口コミをチェックする

自分が欲しい物・これから買う予定の物に関して情報を確認しておくと、

買うときにどんな使い方ができるのか、コスパなどを判断できます。

 

地域ごとの料金の比較や、使用した人の意見を比較することも簡単です。

 

有名人・著名人をフォローする

有名人や著名人アカウントはツイッターをするうえで、拡散する可能性を高めるヒントをくれます。

ハッシュタグをたくさんつけるなど、ツイートのための知識を身に着けるのに有効です。

 

不要な情報をミュートする

フォローした人のツイート内容が自分には必要のない物であることもあります。

 

あまりにもツイートの内容が自分に合わない場合は、

フォローを外すかミュートしてストレスにならないようにすることが重要です。

 

ツイッターの賢い使い方まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ツイッターの賢い使い方について5つご紹介しました。

 

SNSを上手に使えることで、効率よく情報収集を行うことができます。

目的を明確にして情報の取捨選択を行うことで、自分に必要な情報だけを得ることができます。

 

ライフスタイルに合う形で使用することで、より快適に利用することができるでしょう。

SNSに振り回されるのではなく、SNSを目的に必要なツールとして使いこなすことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました