ウェブサイトとは?ホームページやブログとの違いについて解説!

ウェブサイトと ホームページやブログとの違い WEBサイト

インターネットを利用すると、ウェブサイト(Webサイト)やホームページといった言葉に触れるでしょう。

また、ブログを書いたり読んだりする機会も少なくありません。

しかし、毎日のように接するこれら3つの言葉の

意味の違いをしっかりと説明できるでしょうか?

本記事では、ITリテラシーを高める上で欠かせないこれらの言葉の意味と違いについて、

経済産業省推進資格ITコーディネータの資格を持つ筆者がわかりやすく解説します。

 

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ
アナログIT経営コンサルタント
株式会社ケルヒ代表取締役

⇒筆者の情報

「Webサイト(ウェブサイト)」ウェブサイトとは?

インターネット上に情報を載せたページは「Webページ(ウェブページ)」と呼ばれ、

それぞれ文章や写真のほか、動画や音声によって構成されています。

 

「Webサイト(ウェブサイト)」とは、

「Webページ(ウェブページ)」の集合体のことになります。

いわば、様々な情報を取りまとめた1冊の本のようなものだと言えるでしょう。

「Webサイト(ウェブサイト)」とは

「Webサイト(ウェブサイト)」とは

 

関連する複数のウェブページをまとめたものが「カテゴリー」です。
カテゴリーは「メニュー」としてウェブサイトの目立つ場所に掲載されます。

 

Webサイトの種類と目的、その仕組みについては下記の記事にまとめてありますので、あわせてご覧下さい。

 

ウェブサイトと「ホームページ(HP)」の違い

ウェブサイトはウェブページの集合体という事を先ほど説明しました。

しかし、会社のウェブサイトの事を

「ホームページ(HP)」

と呼ぶことが多いですよね?

ホームページはウェブサイトとは違うのでしょうか?

 

ホームページはウェブサイトのトップページの事

結論から申し上げますと、「ホームページ(HP)」とは、

ウェブサイトのトップページ(最初のページ)の事を指します。

ホームページとはウェブサイトの最初のページの事

ホームページとはウェブサイトの最初のページの事

 

ホームページはウェブサイトの顔

企業やブランドのトップページを見ると、商品やサービスの紹介やサイトについて記載されています。

ホームページは、

ウェブサイトの顔とも言える重要なウェブページで、

ウェブサイトの紹介や案内の役割を果たすページです。

 

慣例的にウェブサイトとホームページを混同して使うこともありますが、

厳密にはホームページはウェブサイトの一部であるという違いがあるのです。

 

ウェブサイトの顔であるホームページの大きな役割は「導線」です。
訪問者の視点で、サイト内を回遊しやすい設計を心がけたいですね。

 

ウェブサイトとブログとの違い

ウェブサイトに似たものとして、「ブログ」が挙げられます。

ブログも様々な情報を取りまとめて発信する点でウェブサイトに似ていますが、

更新頻度の面で大きな違いがあります。

 

ブログは日記のような役割

ウェブサイトは、必要な情報をまとて制作すれば、

更新頻度が少なくても十分その機能を果たすでしょう。

 

一方、ブログは日々更新して逐次新しい情報を提供することに意味があり、訪問者は1度閲覧したらそれだけで満足することが少なく、

何度も来訪して新しい情報を取り入れることを目的としていると言えます。

つまり、ブログは日記のような役割を果たしています。

ブログは日記のような役割を果たしている

ブログは日記のような役割を果たしている

 

企業における情報発信のためのブログは「オウンドメディア」とも呼ばれます。
オウンドメディアは、自社メディアとして重要な役割を果たします。

 

ブログは収益化できる

なお、頻繁に更新されるブログには、テレビや雑誌等と同様

「メディア」の役割を持たせる事ができます。

 

アクセスが多いブログ、つまり訪問者に対して有益な情報が提供できる「メディア」は、広告収入などによって収益化する事が可能です。

ブログの収益化についての仕組みを記事にしましたので、ご興味ある方はご覧ください。

 

ウェブサイト・ホームページ・ブログの意味と違いまとめ

ブログの意味は何となくわかるものの、ウェブサイトとホームページの違いとなるとはっきり説明できない人も少なくありません。

インターネットを娯楽や私用で使うだけなら、これら3つの言葉を厳密に区別しなければならない場面はあまりないでしょう。

しかし、会社のウェブサイトを作成する必要性が生じた場合などは、

3つの違いをきちんと知っておくことが必要です。

  • ウェブサイトはウェブページの集合体のこと
  • ホームページはウェブサイトの最初のページのこと
  • ウェブサイトよりもブログのほうが更新頻度が高い

 

なお、現代のビジネスにおいて、

WEBマーケティングは必須のスキルです。

インターネット上にも情報はたくさんありますが、正しい情報かわからず独学で学ぶより、

正しい知識を持った人に聞いたほうが時間もお金も有効なのは間違いありません。

WEBマーケティングのスクールについて調査しましたので、ご興味ある方は合わせてご覧下さい。

 

WEBマーケティングを学べるスクールはたくさんありますが、「無料コンサル」や「無料体験」などを受けてみる事をオススメします。自分ひとりではわからない事も、素直に聞く事で視野が大きく拓けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました