12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

Webマーケティング戦略の必要性と基礎

WEBサイト

自社のWebサイトはあるものの、それが集客につながっていないと考えていませんか。

利益を生まないサイトは、単なるコストです。

原因は、Webサイトの目的が曖昧なせいかもしれません。

 

そこでこの記事では、

◯Webマーケティング戦略とは何なのか

◯webサイトの役割はどのように変化してきたか

なぜWebマーケティング戦略が必要なのか

を、経済産業省推進資格ITコーディネータの筆者がわかりやすく解説致します。

 

Webサイトには、目的によって様々な種類があります。詳しくは下記の記事にまとめてありますので、合わせてご覧下さい。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

Webマーケティング戦略とは

Webマーケティング戦略とはWebを活用してターゲットとする顧客に、効率的に効果的に自社の目的とする行動を起こさせるためのプランを練ることです。

そのためには、

顧客や市場、競合他社や自社などについてのリサーチを行う事が必要です。

リサーチによって自社の強みなどがわかり、その資源を有意義に活用して少ない労力とコストで目的を達成することが可能になります。

 

Webに求められる役割の変化

Webサイトに求められる役割は変化しています。

Webの黎明期、Webサイト(ホームページ)を持つことは企業のステイタスでした。

企業の名刺やカタログのように使われたので、Webサイトの作成は必要コストだったのです。

しかしWebはすさまじい勢いで成長し、

いまでは利益を生み出す投資対象となりました。

 

Webサイトが成長した要因の1つとして、訪問数や滞在時間を知ることのできるWebサイトとマーケティングの相性がよかったことが挙げられます。

もう1つの要因としては企業がWebサイトの有効性を理解し、いかにして利益につなげるかを考えるようになったことです。

現在ではサイト解析やWeb広告といったWebマーケティングの考え方が浸透し、企業に利益をもたらす大きな武器となっています。

 

Webマーケティング戦略の必要性

企業経営において戦略が必要なように、Webマーケティング戦略も必要不可欠です。

Webマーケティング戦略では自社のWebに関する保有資源を知り、いかに有効活用するかを考える必要があります。

Webサイトの作成やマーケティングを含む運営に、どれだけの人数で取り組むかといったことも戦略の1つです。

顧客や市場などを正しく捉え具体的な目標を立てて

着実にWebサイトの運営をすることが、長期的な利益につながります。

精度の高い戦略の下で利益を生むサイトを作れば、自動的に利益を生み出し続けるWebサイトにすることも可能です。

 

Webマーケティング戦略でウェブサイトの作成を!

いかがだったでしょうか。

今回は、WEBマーケティング戦略について解説しました。

  • Webマーケティング戦略を立てる際には、リサーチを行う事が重要
  • Webに求められる役割は、利益を生み出す投資対象へと変化している
  • Webマーケティング戦略を有効活用する事で、長期的な利益を生み出す事が可能

Webマーケティング戦略を立てることは、Web制作の最初にすべきもっとも大切なことです。

戦略がしっかりしていれば企業の人的資源を必要なところに集中させて、有効に活用することができます。

サイトの目的も明確になって、最小の労力やコストで利益を生むWebサイトを作ることが可能です。

正確なリサーチによって明確な計画を立て実行し、確認して改善しながらWebサイトを育てていきましょう。

 

デジタルマーケティングについて詳しく学ぶ場合、”正しい情報かどうかわからず独学で学ぶ”よりも、スクールで学んだ方が、お金も時間も節約できます。下記の記事で、費用対効果の高いスクールをまとめてありますので、合わせてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました