デジタルマーケティングの重要性と基礎

マーケティング理論

IT社会である現代では、デジタルマーケティングが必要不可欠です。

◯インターネットを活用した販路の拡大

◯個人データを活用した商品の提案

◯実店舗データに基づいた売上予測

など、アナログマーケティングでは成し得なかった事がデジタルで可能になっています。

デジタルマーケティングを上手に活用すると、新しい顧客の獲得や利益の拡大などの恩恵が受けらます。

しかし、デジタルマーケティングが一体どのようなものなのか、まだまだ知らない人も多いでしょう。

今回は、デジタルマーケティングに関する基本的な知識や重要性など、経済産業省推進資格ITコーディネータの筆者がわかりやすく解説していきます。

 

デジタルマーケティングの領域は多岐にわたります。カテゴリーとしてまとめていますので、合わせてご覧下さい。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

⇒筆者の情報

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングは、文字通りデジタルを活用して行うマーケティングのことです。

  • ホームページを開設して見込客を集客する
  • ECサイトを開設してインターネット販売を行う
  • SNSを活用して企業のブランディングを行う
  • LINEを活用して顧客との関係性を構築する

など、アナログでは成し得ないマーケティング手法が可能です。

他にも、消費者が持っているスマートフォンに広告を出したり、SNSを活用して消費者の情報をリサーチしたりするなど、色々な方法があります。

基本的には、インターネットやパソコンなどのデジタルツールを活用していれば、それらはひと通りデジタルマーケティングとなります。

 

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

デジタルマーケティングに近いものとしてはwebマーケティングが挙げられます。

webマーケティングはメールマガジンやインターネット広告など、

webに限定したマーケティングです。

 

それに対してデジタルマーケティングは、webマーケティングも含む、広義の意味として扱われます。

つまり、webマーケティング以外にも

  • スマホアプリの活用
  • デジタルサイネージの活用
  • POSレジによるデータ活用
  • GPSによる位置データの活用
  • AIやIoTによるオートメーション

など、

あらゆるデジタルツールを活用したマーケティングが含まれます。

webマーケティングは、幅広いデジタルマーケティングの中にある、ひとつの領域に過ぎません。

 

デジタルマーケティングの重要性

大勢の人がスマートフォンやパソコンを使用する現代では、消費者の消費行動がインターネットで完結することも多くなってきています。

また、基本的な情報はインターネットから得るという人は少なくありません。

デジタルマーケティングの重要性について解説したいと思います。

 

アナログには限界がある

アナログマーケティングには限界があります。

  • チラシをまいたが効果を正確に測れない
  • 自社の顧客の興味関心や嗜好性を理解できない
  • 販路拡大に伴う商圏には限界がある

したがって、顧客を獲得したり、事業の内容を知ってもらったりするためには、デジタルマーケティングが欠かせません。

 

アナログとの融合が最適解

ここまで、デジタルマーケティングの重要性についてお伝えしてまいりました。

しかし、アナログを無視するわけにはいきません。

なぜなら、

顧客はアナログとデジタルを行き来しているからです。

つまり、アナログとデジタルを

ミックスしたマーケティング手法が最適なやり方だと言えるでしょう。

 

事業成功に欠かせないデジタルマーケティング

いかがだったでしょうか。

今回は、デジタルマーケティングの必要性について解説致しました。

  • デジタルマーケティングは、デジタル技術を活用したマーケティング手法
  • Webマーケティングはデジタルマーケティングに含まれる領域のひとつ
  • デジタルマーケティングを理解しつつ、アナログとの融合が最適解

事業を行う際には、顧客を獲得したり、情報を発信するために、マーケティングが欠かせません。

そして、IT技術が発達している現代では、デジタルマーケティングがとても重要です。

デジタルマーケティングが必要ない事業は、ほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

そのため、正しい知識と技術でデジタルマーケティングを活用し、アナログに取り入れる手法が有効です。

 

デジタルマーケティングについて詳しく学ぶ場合、”正しい情報かどうかわからず独学で学ぶ”よりも、スクールで学んだ方が、お金も時間も節約できます。下記の記事で、費用対効果の高いスクールをまとめてありますので、合わせてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました