ホームページから発生する広告収入はどのくらいが相場か?

ホームページから発生する広告収入の相場ホームページ

ホームページは情報を発信したり訪問者とコミュニケーションを取ったりすることができるだけでなく、

メディアとして広告収入を得ることも可能です。

 

その仕組みを理解していれば、

ホームページを公開しているだけでも収入が入る状態を作ることができます。

 

この記事では広告収入の獲得方法、得られる収入の相場などを簡単に説明していきます。

 

下記の記事では、初心者向けにブログでの広告収入の作り方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブログの始め方と収入の作り方を詳しく見る

 

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

広告収入を得るには

ホームページから収入を得る代表的な方法は、アフィリエイト広告の設置です。

 

成果報酬型とクリック課金型の広告

アフィリエイトは広告主に代わって宣伝活動を行うもので、商品購入などのアクションに応じて報酬が発生する成果報酬型と、クリックによって報酬が発生するクリック課金型があります。

 

成果報酬型とクリック課金型の広告は、

訪問者が広告に反応を示さない限り報酬が発生しません。

 

インプレッション型アフィリエイト広告

成果報酬型とクリック課金型の広告に対し、広告表示だけでも報酬が発生する仕組みとなっているのが、インプレッション型アフィリエイト広告です。

 

インプレッション型の広告の場合は、

クリックなどのアクションがなくても、収入を得ることができます。

 

 

広告収入の仕組みについて、もう少し詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧下さい。⇒広告によるブログ収入の仕組みと方法

 

収入の相場は

アフィリエイトの収入の相場は、仕組みとアクセス数によって変わります。

 

クリック型広告

クリック型の場合は、

1クリック辺り10~100円程度が相場となります。

 

クリック型の場合はアクセス数を増やし、

広告と記事の内容や傾向を合わせることで、成果が出やすい状態になります。

 

成果報酬型

成果報酬型は広告内容次第です。

購入代金の5~10%程度という形になっていることもあれば、

1契約で1万円以上受け取れる案件というのも少なくありません。

 

成果報酬型の場合は、検索意図に

記事内広告の内容や傾向を合わせることで、成果が出やすい状態を作れます。

 

インプレッション型

インプレッション型の場合は、

1PV辺り0.1~0.5円程度と報酬は低めです。

 

インプレッション型で安定収入を目指すためには、まず

PV数アップを目指すことが有効です。

 

アクセスアップにはSEO対策が必須です。下記の記事では、SEO対策に欠かせないキーワードの選定方法について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SEO対策に欠かせないキーワードの選定方法を詳しく見る

 

まとめ ホームページに合った広告を選ぼう

いかがだったでしょうか。

今回は、ホームページを活用して広告収入を得る方法と収入の相場について解説しました。

  • ホームページから収入を得る方法は、アフィリエイト広告を設置すること
  • アフィリエイト広告は、成果報酬型・クリック課金型・インプレッション型の3つ

 

広告を設置することで、ホームページから収入を得られるようになります。

得られる収入は広告の内容やアクションの有無、PV数次第です。

 

単価の低い広告であっても、

PV数が多ければホームページから安定した収入を稼ぐことができるようになります。

 

効率良く稼ぐためには、広告報酬の仕組みや特徴を把握するところから始めましょう。

 

いくらアクセスがあっても、収益化できないのでは意味がありません。ブログの収益化について記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。⇒ブログ収入の仕組みと始め方を詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました