12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

リード文の書き方とは?型の例を挙げて解説!

リード文の書き方について例を挙げて解説ブログ

ブログの冒頭部分には、一般的にリード文が書かれていることが多いです。

しかし、

リード文の意味や書き方がよく分からないという方もいるでしょう。

 

この記事では、よく使用されているリード文の型について解説しています。

また、型を用いて書いたリード文の例も紹介しています。

 

最後までご覧頂き、実際にブログを書く際の参考にしてみてください。

 

稼いでいるブロガーの多くが「有料テーマ」を使っているのをご存知ですか?。下記の記事ではおすすめの「Wordpress有料テーマ」をアフィリエイトに特化してご紹介していますのでぜひご覧下さい。

⇒アフィリエイトにおすすめのWordpress有料テーマを詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

リード文とは?

リード文はブログの

冒頭部分に書く文章のことであり、導入文とも呼ばれています。

 

本文に入る前に、ブログに書かれている内容の概要について読者に伝えます。

リード文の持つ役割は、

ブログ記事の方向性を明確に示すことです。

 

リード文を書いておくと読者のブログの内容に対する理解が促進され、

読者自身にとって役立つものなのか判断しやすくなります。

 

リード文の型一覧

ここでは、リード文の「型」についていくつかご紹介します。

 

○○でお悩みではありませんか?

よく使用されているリード文の型として一番に挙げられるのが、

お悩み共感文です。

 

お悩み共感文は、

読者の抱える悩みや要望を言語化して提示し、共感する文を指しています。

 

お悩み共感文で提示した悩みを持つ読者からブログを読んでもらえる、というメリットがあります。

 

この記事では、○○について紹介しています。

○○について~という文章を使用する事で、

本文に書かれた内容を大まかに説明します。

 

これによって、読者は記事本文の内容を

おおまかに知る事ができ、より詳細な記事を読みやすくなります。

 

このブログを読むと、○○できます。

ブログを読んで得られるメリットについて書きます。

 

ハウツー系のブログにおすすめの型です。

リード文でメリットを説明する事で、

記事の最後まで読まれやすくなります。

 

○○したい方はぜひご覧ください。

リード文の最後のほうでは、アクション誘導文を書きます。

アクション誘導文とは、

読者に起こしてほしいアクションを具体的に示す文です。

 

ブログの場合は、ページのスクロールを誘導します。

 

リード文も含めて、ある程度テンプレート化しておくと、記事全体が読みやすくなります。テンプレートの構成については下記の記事が参考になります。⇒テンプレートで構成されたブログの書き方を詳しく見る

 

リード文の例

次に、先ほどご紹介した型を利用した、リード文の例をいくつかご紹介したいと思います。

 

リード文例①

肩こりでお悩みではありませんか?

この記事では、肩こりの原因や解消するための方法について紹介しています。

肩こりを少しでも改善させたい方は、ぜひご覧ください。

 

リード文例②

乾燥肌についてお悩みの方もいるでしょう。

この記事を読めば、乾燥肌の改善に効果的なスキンケアの方法が身に付きます。

毎日のスキンケアの参考にしてみてください。

 

リード文例③

運動不足を解消させたいが、どうすれば良いのか分からないという方もいるでしょう。

この記事では、自宅で気軽に実践できるトレーニングを紹介しています。

ダイエットでお悩みの方は、ぜひご覧ください。

 

下記の記事では、ブログ記事の書き方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブログ記事の書き方と文章のコツ

 

まとめ 読者の立場になってリード文を考える

いかがだったでしょうか。

今回は、

リード文の書き方について、型や文例を交えて解説しました。

 

この記事で紹介したリード文の型を上手く活用すれば、簡単にブログのリード文を書くことができます。

リード文は、ブログの方向性を読者に対して明確に示すためのものです。

 

実際にリード文を書く場合は、どのようなリード文を書けばブログの内容が分かりやすく伝えられるのか、

読者の立場になって考えながら書いてみてください。

 

いくらアクセスがあっても、収益化できないのでは意味がありません。ブログの収益化について記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。⇒ブログ収入の仕組みと始め方を詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました