【事例あり】ブログ記事の書き方と文章のコツ!

ブログ

インターネット上に無数にあるブログの中で、

最後まで読んでもらえる記事はそう多くはありません。

 

飛ばし読みをせず、

しっかり読んでもらえる文章には何か特徴があるのでしょうか。

 

面白い内容であることは重要ですが、

同じ内容でも読者の興味を引く書き方があります。

 

この記事では、

  • 文章として全体をまとめるための構成
  • 最後まで読んでもらうコツ
  • 効果的なライティングテクニック

などについて解説しています。

 

この記事を参考に、書き方のコツを掴み、

最後まで読んでもらえるブログ記事を書きましょう。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

⇒筆者の情報

ブログは3つのパートで構成

まず、ブログ記事の構成についてお伝えしたいと思います。

ブログは、

大きく3つのパートに分けて書くと読みやすくなります。

  1. リード文
  2. 本文
  3. 結論(まとめ)

 

ひとつずつ解説してまいります。

 

リード

最初は導入部分で、

リード文と呼ばれることもあります。

 

導入部分は興味を持ってもらえるように書き、

全体像を伝えるために目次を入れるのもいいでしょう。

 

本文

次が本文で、一番内容があり長いパートです。

本文はさらに、

2つ~3つくらいの段落に分け、各段落に小見出しを入れると読みやすくなります。

 

例えば、この記事の本文は、次の3つの段落で構成されています。

  • 段落① ブログは3つのパートで構成
  • 段落② 結論から書くテクニック
  • 段落③ 専門用語を避ける

 

結論(まとめ)

最後に、

結論のパートでまとめます。

 

読者によっては、結論を読んで自分が興味を持てる内容かどうか判断する人もいますので、本文の内容が伝わるように書きましょう。

 

【事例】この記事の構成

ここまで、記事の構成について解説してまいりました。

例えば、

この記事の構成は次のようになっています。

1.リード文
  ~文章~
2.本文
  ~文章~

  2-1.段落1
      ~文章~

  2-2.段落2
      ~文章~

  2-3.段落3
      ~文章~
3.結論(まとめ)
  ~文章~

 

結論から書くテクニック

ブログ記事を最後まで読み終わったことを、

読了(どくりょう)と呼びます。

ここでは、読了してもらうためのライティングテクニックをご紹介します。

 

読者は解決策を知りたい

読者は必ず最後まで読んでくれるとは限りません。

検索でブログを探している読者は、

悩みや困り事に対する解決策を探していることがあります。

 

そのため、訪れたページで

答えがなかなか見つからない場合は離脱してしまう恐れがあります。

 

先に答えを書くことで関心を高める

悩みや困り事に対する解決策を用意しているブログ記事の場合、

先に答えを書くと離脱を防ぐことに繋がります。

 

例えば、この記事

「読んでもらうブログ記事での文章の書き方とコツ」

の場合、リード文で次のように書いています。

 

この記事では、
 ・文章として全体をまとめるための構成
 ・最後まで読んでもらうコツ
 ・効果的なライティングテクニックなどについて解説しています。

 

このように、答えや概要を最初に書くことで、

記事に対する読者の関心を高めることができます。

 

そして本文で、

具体例などを交えながら解説していくと、最後まで読んでもらえるようになります。

 

専門用語を避ける

ライティングテクニックとして最も大事な事は、

読者のニーズを理解し、意識して記事を書くことです。

 

読者のニーズを意識して、記事を読む事で得られるメリットをしっかりと伝えます。

そのためには、

なるべく専門用語を使わないようにします。

 

どうしても使う必要がある時には詳しい解説を入れましょう。

詳しく解説といっても長くなってはいけません。

読みやすくするために文章は短くを常に意識しましょう。

 

自分も読者になって

いかがだったでしょうか。

今回は、ブログ記事の書き方のコツやライティングテクニックについて解説しました。

  • ブログは3つのパートで構成すると伝わりやすい
  • 最初に結論を書き、本文で説明すると読了率
  • 読者のニーズを理解して専門用語は避けて書く

文章の読みさすさは書かれている内容と同じくらい重要です。

ほとんどの読者が記事を最後まで読んでくれない

と思って書き始めるのがいいでしょう。

 

プロ並みにかっこいい文を書く必要はありません。

疲れること無く、飽きずに読んでもらえる文章をイメージします。

自分が読者になって色々なブログを読むことで、読者の気持ちが分かってきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました