12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

【サンプル付】テンプレートで構成されたブログの書き方

ブログ

ブログを最後まで読んでもらうためには、

ブログのパーツ構成やテンプレート等を上手に活用する必要があります。

 

特に、初めてブログを開設する人の場合は、

  • 書き出し(リード文)
  • 本文
  • まとめ(結論)

といった各項目ごとに、効率的な文章をテンプレートとしてまとめておくと

効率のよいブログ運営が可能です。

 

この記事では、

ブログの構成内容とテンプレートの作り方について

簡単に説明していきます。

 

稼いでいるブロガーの多くが「有料テーマ」を使っているのをご存知ですか?。下記の記事ではおすすめの「Wordpress有料テーマ」をアフィリエイトに特化してご紹介していますのでぜひご覧下さい。

⇒アフィリエイトにおすすめのWordpress有料テーマを詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

テンプレートがあるとブログ運営が楽

インターネット上で誰でも閲覧できるブログは、一度その内容を書いた時点で終わりではなく、

最新の情報に更新し続ける必要があります。

 

更新の際に、その都度新しい文章を構成し直すのは、かなりの手間と時間がかかるため、ブログ記事の構成部分ごとに文章をテンプレート化しておくと、

時間の短縮にも繋がります。

 

パート分けをする際は次のように考えるのが一般的です。

  • 書き出し(リード文)
  • 本文
  • まとめ(結論)

 

また、

  • キーワード
  • タイトル
  • メタディスクリプション(概要)

も合わせて考えます。

 

パートごとの役割を把握する

ブログを構成するパートに関しては、どういった役割を果たすのかがある程度決まっており、

その役割に応じた文章をまとめる必要性が生じます。

 

書き出し(リード文)

リード文は、

読者が一番最初に見る書き出し部分です。

 

ブログの読者が抱える悩みに関して、どのような内容を書くのかを中心に、

見出しとなる文章をまとめて書く部分になります。

 

本文

本文は文字通り、悩みに対する解決法等を記載して

読者に役立つ情報を伝える役割を果たします。

 

まとめ(結論)

記事の最後に書くまとめでは、

本文中に書いた重要なポイントや、結論を書きます。

 

リード文については下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒リード文の書き方と、使えるリードの型について詳しく見る

 

タイトルとディスクリプション

タイトルとメタディスクリプションは、

特定のキーワードで検索した際に大きく影響されるパートです。

 

タイトル

タイトルは特に重要です。ユーザーが、

検索した際に影響を及ぼすのと同時に、クリックしてページに訪れるかどうか

を決定づけます。

 

タイトルは長すぎず、短すぎない30字前後が良いでしょう。

 

メタディスクリプション

タイトルと同様、

ブログの検索結果及び、訪問数に大きく影響するパートです。

 

メタディスクリプションは

120文字程度のシンプルな文章にまとめるようにします。

 

下記の記事では、タイトルの付け方の基本について詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブログタイトルの付け方とおすすめの文字数を詳しく見る

 

構成をテンプレート化する(サンプル紹介)

ここまで解説してきたパーツをもとに、ブログの構成をテンプレート化します。

 

テンプレート構成の順序

ブログを初めたばかりの人は、書きたいテーマがあるため「タイトル」を先に決めるかもしれません。

しかし、実際は逆です。

 

読者は、なにかしら悩みや問題を抱えて訪れているため、

読者のニーズを掴む事が最初のステップになります。

 

つまり、構成すべきテンプレートは、例えば次のようになります。

 

【サンプル】ブログ記事のテンプレート

1.キーワード選定
2.ディスクリプション(120字前後)
3.本文

 段落①

 段落②

 段落③
4.まとめ
5.リード文
6.タイトル(30字前後)

 

1.キーワード選定

ある程度検索数が多く、かつ

競合が少ないキーワードを選定します。

 

キーワードの選定方法については、下記の記事が参考になります。便利な調査ツールも合わせて紹介していますので、ぜひご覧ください。⇒キーワードの選定方法について詳しく見る

 

2.ディスクリプション(120字前後)

キーワードから検索のニーズを知り、

ニーズに対する答えを120文字くらいにまとめます。

 

3.本文

2~3つ位の段落に分けて考えると、

文章全体的に、記事の構成がしやすくなります。

 

記事の書き方と文章のコツについては、下記の記事も参考になります。⇒ブログ記事の書き方と文章のコツについて詳しく見る

 

4.まとめ

先ほど分けた段落の内容について概要を記載します。

段落をそのまま箇条書きにして、文章を補足すると作りやすいです。

 

5.リード文

ブログの最初の書き出し部分です。

続きを読んでもらえるよう、最後まで読むメリットを説明します。

 

6.タイトル(30字前後)

タイトルには、

最初に選定したキーワードを必ず入れます。

 

ただし、キーワードの羅列にならないよう、

本文の内容が伝わるようなタイトル付けを意識しましょう。

 

ブログに最適な文字数を知っていますか?下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブログ記事に最適な文字数の目安について詳しく見る

 

まとめ テンプレートの活用

いかがだったでしょうか。

今回は、ブログの構成内容とテンプレートの作り方について解説致しました。

  • テンプレートを構成しておくとブログの運営、記事作成が楽になる
  • ブログを構成するパートは「リード文」「本文」「まとめ」の3構成
  • タイトルは30文字前後、メタディスクリプションは120文字前後
  • テンプレートを構成する際には読者の検索ニーズを意識して作成する

 

テンプレートを活用するには、まず、キーワードを調査します。

調査したキーワードを元に、テンプレート活用して記事を作成します。

 

パートごとに文章をまとめたら、公開してアクセス数を確認します。

アクセス解析を元に、文章を加筆修正(リライト)すると効率が良いです。

 

いくらアクセスがあっても、収益化できないのでは意味がありません。ブログの収益化について記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。⇒ブログ収入の仕組みと始め方を詳しく見る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました