【事例あり】ドメイン名の決め方や選び方のコツを解説!

ドメイン

ドメインはインターネット上の住所のようなもので、WEBサイトがある場所を示しています。

ドメインを取得すると、企業は信頼性をアップすることができ、

企業の名前を盛り込むことで知名度アップにも貢献してくれます。

 

また、ドメインはメールアドレスやWEBサイトのアドレスとしても使用が可能です。

ドメイン名は重要な役割を持っているので、しっかり考えてから決めましょう。

 

この記事では、ドメイン名の決め方や決めるコツについて解説していきます。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

⇒筆者の情報

ドメイン名を決めるコツ

ドメイン名の決め方のコツは、まずブログ名やWEBサイト名、もしくはWEBサイトの

テーマに合ったキーワードをドメイン名に含めることが大切です。

 

ドメイン名にキーワードとなる言葉を盛り込んでいたら、

SEO的な効果が期待できです。

 

ドメイン名とキーワードが共通していることにより、

検索エンジンが認識しやすくなり検索順位が上位に表示されます。

 

またドメイン名がどうしても決められない時には、

WEBサイトやブログ名と全く同じドメイン名にすることもおすすめです。

 

ドメインの選び方

ドメインの選び方は利用者によって異なります。

 

企業なら属性ドメイン

まず企業や団体なら属性型jpドメインがおすすめです。

属性型jpドメインは安全性世界1位のドメインなので、信頼感が高くなっています。

 

また属性型jpドメインは日本の企業および非営利団体しか取得できませんので、

法人組織であることを伝えることができます。

 

個人事業主なら汎用jpドメイン

個人事業主なら、

汎用jpドメインがおすすめです。

 

個人事業主では属性jpドメインが使えないので、汎用jpドメインに屋号やサービス名、

または、好きなgTLD(.com、.net など)を組み合わせてドメインを取得する

といいでしょう。

 

製品やサービス

特定の製品やサービスを展開したのであれば、

SEO効果が期待できるgLTDの取得をおすすめします。

 

gTLDには、

.com
.net
.org

等が該当します。

 

ブログ

個人ブログなら、

SEO効果が期待できるgLTDの取得をおすすめします。

 

特に、ブログで収益化を目的に作成するのであれば、

中古のオールドドメインを購入する事も選択肢のひとつとなります。

 

ドメイン名事例

最後にドメイン名の事例をご紹介したいと思います。

 

ドメインの好事例

ドメイン名の好事例は、

企業名や商店の屋号、もしくは企業が提供しているサービスにあたる文字列が入っているものです。

 

また短いドメイン名は認識されやすいので、良いドメイン名といえます。

例えば、次のようなものが挙げられます。

http://takuhai-bentou.com/
⇒お弁当の宅配サービスを提供しているサイト
https://mask-shop.com/
⇒マスクを販売しているサイト
https://mydomain.com/
⇒ドメイン販売管理サービスのサイト

 

ドメインの失敗事例

ドメイン名の失敗事例は、

企業名やサービス内容に関連性が薄い文字列であったり、

文字列の組み合わせが乖離していたりするものです。

 

例えば、つぎのようなものが挙げられます。

○文字列が長すぎる
文字列が長すぎると、SNSなどの文字数制限で入力しきれない場合があります。

○覚えにくい
複雑な文字列だと覚えにくいので避けます。

○提供している製品やサービス、ブランドと結びつかない
ドメイン名から、製品やサービス、ブランドがわかると認知度アップに貢献。

○安易な英単語は避ける
「day、make、after」など安易な英単語では検索上位を狙えません。

○日本語ドメインは注意
日本人にとって視認性が高い日本語ドメインですが、ブラウザ以外は他の文字コードに変換される場合があり、逆効果になります。

(例.「学習塾.jp」⇒メールやSNSでは「xn--vns90eh52c.jp」となる)

 

ドメイン名を決める時は慎重に

いかがだったでしょうか。

今回は、ドメイン名の決め方や選び方のコツを解説致しました。

  • サイトのテーマに合ったキーワードをドメイン名に含めることが大切
  • 属性ドメインやgLTDなど、サイト運営者の属性にあったドメインを選ぶ
  • ドメイン名の好事例は屋号やサービスにあたる文字列が含まれている

 

ドメイン名を決める時は慎重に選ぶようにしましょう。

ドメイン名によって検索順位が変わってくる上に、企業であれば信用にも関わってきます。

WEBサイトを作る時に、簡単に決めてしまうと後から後悔する事になります。

 

企業にとってドメイン名は宣伝効果も期待できるものなので、

適切なドメイン名にすることで集客アップしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました