12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

読まれるメルマガのための文章テンプレートを解説!

読まれるメルマガのための文章テンプレートメール

メルマガを配信したとしても、読者に読んでもらえなければ意味がありません。

実はメルマガには、読まれやすい文章テンプレートが存在しています。

 

では読まれるメルマガを作成するためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

今回は、事例を参考にしながら、どのような文章がメルマガで読まれやすいのか考えていきましょう。

 

下記の記事では、メルマガの開封率やクリック率をアップするコツについて解説していますので合わせてご覧下さい。⇒メルマガの開封率やクリック率をアップするコツ

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

最初は堅苦しくならないこと

読まれるメルマガを目指すためには、出だしが肝心です。

 

例えば「〇〇会社のメールマガジン」という入り方だと、

堅苦しくなって読んでもらえない可能性があります。

 

そこでメルマガ文章テンプレートでは、

「こんにちは〇〇です。いかがお過ごしですか?」

などの親しみやすい挨拶から入るのも1つの手です。

 

読者に親しみを持ってもらうことが、

読んでもらうための最初の一歩だと押さえておきましょう。

 

伝えたいことはわかりやすく

読まれないメルマガの多くは、伝えたいことがわかりにくくなっています。

主題が何かわからないと、読者は興味を持って読むのが難しくなります。

 

そこでメルマガ文章テンプレートとして、

「今回は〇〇をテーマにお伝えします」

などの一言を使ってみましょう。

 

ここから本題だとわかるだけではなく、読むと何がわかるのか一目で理解できるので、

興味のある話題なら読んでもらえる可能性が高くなります。

 

疑問文で共感してもらおう

読まれるメルマガは、読者にとって読む価値のあるコンテンツを配信していると判断されている可能性があります。

そこで興味を持ってもらうために、タイトルなどに疑問文を活用するのも1つの手です。

 

例えば

「なぜ〇〇なのか?」

などの疑問文を作ることで、読者に知りたいと思ってもらえるかもしれません。

 

読者にとって読む価値のあるコンテンツだと伝えることが、

読まれるメルマガのために必要なポイントです。

 

読まれるメルマガを目指そう

いかがだったでしょうか。

今回は、読まれやすい文章テンプレートについて解説いたしました。

 

読まれるメルマガの文章テンプレートを活用するだけで、

タイトルやメールの出だしで読者に興味を持ってもらえる可能性があります。

 

良いコンテンツを提供しても、読者に読んでもらえなければ、文章を作成した努力が無駄になります。

まずはメルマガ文章テンプレートを活用しながら、

読者に興味を持ってもらえる文章作成を目指しましょう。

 

下記の記事では、ステップメール配信システムの「オートビズ」について、その特徴や料金などを解説していますので合わせてご覧下さい。⇒「オートビズ」の特徴や料金・評判について詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました