googleインデックスとは?検索エンジンの仕組みを解説!

googleインデックスと検索エンジンの仕組みSEO対策

Google検索に表示されるようになるためには、Googleインデックスに登録されることが必要です。

検索エンジンのデータベースにインデックスがされていないと、検索結果に表示されることはありません。

 

せっかく素敵なWEBサイトを公開しても、見てもらえないのでは意味がないでしょう。

今回は、検索エンジンを効果的に使えるようになるために、Googleインデックスの仕組みについてご紹介します。

 

下記の記事では、SEO対策の基本とコツについて解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SEO対策の基本とコツを詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

Googleインデックスとは?

私達がインターネットで何かを調べる時には、

検索エンジンにキーワードを入力して検索を行うのが一般的です。

 

Googleの検索エンジンのデータベースに登録されているWEBページの情報のことをGoogleインデックスと呼びます。

Googleインデックスには、どのWEBサイトがどんな情報や話題を扱っているのかという

クローラーが収集した細かい情報が登録されてます。

 

検索エンジンの仕組み

検索結果イメージ

検索結果表示には、まずインデックス登録が必要

 

検索エンジンが検索順位を決める仕組みには

  • クローリング
  • インデックス
  • ランキング

 

の3つの要素が絡んでいます。

ここでは、それらの要素をひとつずつ解説してまいります。

 

クローリング

クローラーはまず、クローリングと呼ばれる巡回によってWEBサイトの情報を収集します。

「ウェブクローラー」とよばれる検索ロボットが、

インターネット上を絶えず巡回して情報を収集しているのです。

 

例えば、Googleのウェブクローラである「Googlebot」は、数千台のマシンが同時に実行してクローリングしていますが、

巡回したことが無いサイトや所有者がサイトマップに情報の提供をしていない場合は、クローラーが巡回しません。

 

そのため、Googlebotにサイトを巡回してもらうためには、次に説明する「インデックス」の登録をリクエストする必要があります。

 

インデックス

クローラーが収集した情報を元に、

見出しと索引付けをしながら登録された情報のことをインデックスと呼んでいます。

 

クローラーは、過去にクロールしたときの情報やWEBサイトの所有者から提供された情報を元に巡回を始めます。

一度クローラーがWEBサイトに来ると、WEBサイトの新しい情報や変更点、無効になっているリンクなどの確認を行います。

また、クローラーが一回巡回しただけでは一部の情報しか集められません。

 

何度も同じページがクロールされることにより正確な情報がインデックスに登録されますので、

クローラーにたくさん来てもらった方がより最新で正確な情報が登録されます。

 

ページを新しく公開したのに、インデックス登録されていない場合は、クローラーにインデックス登録をリクエストする必要があります。

 

クローラーにインデックス登録をリクエストするためには、下記のツールを使用します。

 

なお、Yahoo!の検索エンジンはGoogleの検索技術を利用していますので、

Googleにインデックス登録されれば、Yahooの検索結果にも表示されます。

 

ランキング

検索エンジンは、インデックス登録された情報を元にランキング付けを行って順位表示しています。

つまり、インデックス登録されてなければ、検索結果に表示される事はありません。

 

検索結果では、より正確で質の高いコンテンツの方がランキングの上位に位置しますので、上位に表示されるほどサイトへのアクセスが多くなります。

 

アクセスのないWEBサイトは、制作した意味を持ちません。

頻繁にクローラーを呼び込み、正確な情報をGoogleインデックスに登録することが重要です。

 

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

 

検索結果表示にはGoogleインデックス登録が大切

いかがだったでしょうか。

今回は、Googleインデックスについて説明し、サイトの公開から検索結果に表示されるまでの「検索エンジン」の仕組みについて解説致しました。

 

解説した通り、検索エンジンを使用しているユーザーは、すべてのWEBサイトを検索しているわけではなく、

Googleインデックスに登録されているサイトの中から検索が行われて表示されています。

 

Googleインデックスに登録するためには、クローラと呼ばれるプログラムにWEBサイトの情報を収集して貰う必要があります。

Googleインデックスに情報を登録しないと、検索エンジンで探してもWEBページが表示されることはありませんのでご注意ください。

 

下記の記事では、初心者でも簡単にできるSEO対策について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者でも簡単にできるSEO対策のやり方について詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました