自分でできるSEO対策のやり方!初心者でも簡単にできる方法は?

SEO対策

ブログやWEBサイトへのアクセス数を伸ばすために有効な方法が、検索順位を上げるSEO対策です。

SEO対策を行いたい時は業者に依頼をするという方法もありますが、やり方さえ知っていれば個人で対策を行うこともできます。

この記事では、自分でSEO対策を行う場合について、

何から始めれば良いか

どんな点に気を付ければ良いか

などについて、経済産業省推進資格ITコーディネータの筆者が簡単に解説致します。

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

⇒筆者の情報

キーワードを選定する

作りたいコンテンツが先にある場合も多いと思いますが、

SEO対策をする上で、重要となのはキーワード選びです。

競合相手が多い単語をキーワードに選定した場合、有効な対策方法を実践しても、思うような結果が出ない可能性があります。

効果的にSEO対策をしたいのであれば、競合相手が少ないなど、上位表示を狙える可能性があるキーワードを選んでおくことが有効です。

ただ、競合相手が少なくても特殊過ぎて誰も検索しないようなキーワードでは、アクセス数アップは期待できません。

SEO対策をする際には、

検索される可能性があるキーワードを選んでおくことが大切です。

競合相手が多い単語を選ぶ際は、メインとなるビッグキーワードと関連トピックを組み合わせることで、サイトが上位表示されやすい状態を作ることができます。

 

コンテンツを制作する

キーワードを選定した後に行うのが、

選んだ単語を含むコンテンツの制作です。

SEO対策では、記事の数が重要と言われることがありますが、コンテンツの質が低ければ訪問者にとって有益なサイトとは見なされず、検索順位が下がってしまうことになります。

検索順位を上げるためには、ユーザー目線で見た時に有益な内容となったコンテンツを制作していくことが大切です。

コンテンツがしっかりとしていれば、少ない記事数でも上位表示を目指せます。

 

Googleに正しく認識してもらう

コンテンツが作成できたら、

Googleに正しく認識してもらう必要があります。

具体的には、「Googleサーチコンソール」という無料の管理ツールを使用します。

Googleサーチコンソールを利用すると、Google検索エンジンに対してコンテンツの存在を認知してもらえるようになります。

また、サーチコンソールのデータを元に、コンテンツの表示速度やスマートフォンでのユーザービリティを向上する事もSEO対策には重要です。

 

まとめ 計画的にSEO対策を

いかがだったでしょうか。

今回は、初心者でもできるseo対策のやり方について解説致しました。

  • 検索される可能性があり、かつ競合相手が少ないキーワードを選定する
  • 選定したキーワードをもとに、訪問者の検索意図に沿ったコンテンツを制作する
  • Googleサーチコンソールを利用して、Google検索エンジンに正しく認識してもらう

 

ただ記事を大量生産するだけでは、SEO対策にはなりません。

SEO対策をするためには、上位表示を狙える可能性があるキーワードを選び、その単語を含めた有益なコンテンツを制作していくことが大切です。

訪問者にとって役に立つコンテンツであれば、少ない記事数でも上位表示を狙えるため、自分一人でも効果的なSEO対策を行うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました