12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

検索キーワードの種類を解説!ビッグワードとスモールワードとは?

検索キーワードの種類ビッグワードとスモールワードSEO対策

検索エンジンなどに何気なく入力しているキーワードには、様々な種類があります。

 

上位表示を狙うのであれば、

それぞれの検索キーワードの特徴を把握してSEO対策をすると、ユーザーに効率よくクリックしてもらうことができます。

 

この記事では、検索ボリュームに大きく影響するビッグワードとスモールワード、ロングテールキーワードの種類や特徴についてご紹介します。

 

下記の記事では、初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方を詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

ビッグワードとは?

ビッグワードとは、「スマートフォン」「家」などのように

月間検索数が10,000回以上のキーワードのことです。

 

1単語で検索されることが多いため、抽象的な単語の場合がほとんどです。

上位表示できれば大量のユーザーをサイトに流入させることができますが、

とにかく検索結果が膨大な量のため、競合他社が多く表示されるのも特徴です。

 

スモールワードとは?

スモールワードは、

月間検索回数が1,000回未満とユーザーの検索量が少ないキーワードのことです。

 

ビッグワードと組み合わせて検索をすることで、より具体性を強調した検索結果が得られるため、目的意識をしっかりもったユーザーが検索している可能性が高いと言えます。

また、競合他社が少ないですので、上位検索を狙いやすいというメリットがあります。

 

ロングテールの特徴とメリット

ロングテールはスモールワードと同じような意味で使用されることが多いですが、

具体的には3語以上の単語を組み合わせているキーワード検索のことを言います。

 

一般的に、キーワードが複数になればなるほど検索回数自体が少なくなり、ユーザーが絞り込まれてしまいますので大量のアクセスの期待はできません。

 

しかし、ユーザーの検索目的がはっきりしていることから、

ユーザーにとって魅力的な商品や記事に誘導することができます。

 

キーワードの選定方法については、下記の記事が参考になります。便利な調査ツールも合わせて紹介していますので、ぜひご覧ください。⇒SEO対策キーワードの選定方法について詳しく見る

 

検索されるキーワードを理解しよう

いかがだったでしょうか。

今回は、SEO対策に必要な検索キーワードの種類、ビッグワード・スモールワード・ロングテールキーワード について解説しました。

 

検索ボリューム量に大きく関わるキーワード選定に、ビッグワードやスモールワード、ロングテールがあります。

 

ビッグワードは抽象的な検索になりがちですが、スモールワールドやロングテールなどで具体的に検索しているユーザーは目的意識がはっきりとしていますので、

アクセスしてくれたユーザーが興味を持つような商品や記事を紹介することができます。

 

効果的なSEO対策のためにも、それぞれの違いを知っておきましょう。

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました