12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

サイテーションとは?SEO効果と具体的なやり方!

サイテーションのSEO効果と対策方法SEO対策

ホームページやブログの訪問者数を増やすには、

インターネット検索結果で上位表示を狙う必要があります。

 

そのために重要なのが、SEO(検索エンジン最適化)と呼ばれるWEBマーケティング戦略です。

SEO対策の1つに、「サイテーション」があります。

 

サイテーションは比較的導入しやすい対策のため、WEBマーケティング初心者にも向いています。

この記事では、サイテーションの概要やSEO効果とその調べ方とともに、具体的な対策方法なども解説します。

 

下記の記事では、低品質な被リンクの定義と調査方法について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒低品質な被リンクの定義と調べ方について詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

サイテーションの概要

サイテーション(Citation)とは、「引用」「言及」といった意味の英語です。

WEBマーケティング用語としては、

「他者のSNSやブログなどに企業名・店舗名・ブランド名などが記載されている状態」

といった意味で使われています。

 

SEO対策の1つとして認識されていますが、一般的なSEO対策である「被リンク」のように、他サイトにリンクを貼ってもらう必要がありません。

 

そのため、

比較的容易に実施できるSEO対策として、多くの企業で採用されています。

 

サイテーションによるSEO効果とその調べ方

サイテーションを導入することで、社会から一定の信頼を得ることが期待できます。

サイテーションでは、他者のSNSなどに企業名やブランド名などが自然な体裁で記載されるため、それを見た人の信頼度は自然と高まります。

 

その結果として、好感度や知名度のアップとともに、自社のホームページなどへの訪問者数の増加も期待できるのが、サイテーションによる主なSEO効果です。

また、そのSEO効果を簡単に調べられるのもサイテーションの特徴です。

 

サイテーションによるSEO効果の調べ方としては、Googleで自社名を検索する方法やGoogleサーチコンソールで自社のホームページへの訪問回数を調べる方法などがあります。

 

ここでは、サイテーションの具体的な調査方法を解説致します。

 

Google検索で調査する方法

サイテーション件数の大まかな数字は、Google検索で調べる事ができます。

 

サイテーションの調べ方 Google検索

Google検索による、サイテーション件数の調べ方

 

通常のGoogle検索窓に、

「”対象語句(企業名やブランド名など)” -site:yourdomain.com」

のように検索します。

①対象語句を「ダブルクォーテーション(””)」で括る
②自社のドメインに、「-site:」を付して除外検索する

 

このようにすると、フレーズに一致した対象語句かつ、自社のドメインを含むページを除外して検索結果が出ます。

検索結果件数が、おおまかなサイテーション件数となります。

 

Googleサーチコンソールで調査する方法

Googleサーチコンソールでは、どれだけ指名検索があるのかが確認できます。

 

サイテーションの調べ方 Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールによる指名検索数(表示回数)の調べ方

 

検索パフォーマンスの「検索クエリ」では、ユーザーが実際に検索したキーワードが表示されます。

検索クエリをチェックする事によって、指名検索数を把握する事が可能です。

 

SEOツールを使用する方法

Google検索やGoogleサーチコンソールで調査する以外にも、

SEO対策ツールを使用して調査する方法もあります。

 

メジャーなツールとして

  • Deep Crawl
  • パスカル
  • ahrefs(エイチレフス)

 

などが挙げられます。

 

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

 

効果的なサイテーションのSEO対策方法

では、サイテーションでSEO効果を得るための対策としてどういった施策が必要でしょうか?

ここでは、効果的なサイテーションのSEO対策方法について解説致します。

 

覚えやすい名前を付ける

親しみやすいキャッチーな名前や、インパクトのある企業名やブランド名は、サイテーションを獲得するのに有効です。

 

SNSなどで言及してもらうためになるべく覚えやすい企業名やブランド名にしたり、自身もSNSを活用して認知度を高めることが大切です。

 

可能であれば、

関連するWEBメディアに自社の情報を掲載するのも、サイテーションによる有効なSEO対策方法の1つです。

 

下記の記事では、ブログを事例にサイト名の決め方とコツを解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブログ名の決め方事例とポイントについて詳しく見る

 

Googleマイビジネスの活用

また、Googleマイビジネスに登録して、Google検索やGoogleマップなどに企業名や店舗名といった情報を表示する方法もあります。

写真や特典情報は自分で投稿できるため、口コミによるSEO効果も期待できます。

 

SNSと同じように、定期的な情報発信がサイテーション獲得に有効です。

 

 

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)を活用した集客方法については下記の記事でご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒Googleマイビジネスを活用した集客方法を詳しく見る

 

 

サイテーションは低コストのSEO対策

いかがだったでしょうか。

今回は、SEO対策において重要な施策のひとつであるサイテーションについて解説致しました。

 

サイテーションによってSEO効果を得るためには、

自社名やブランド名が他者のSNSなどで言及されることが必要です。

 

そのためには、ホームページやブログを開設するだけでなく、

その存在をアピールするためにSNSの活用が重要になります。

 

また、Googleが無料で提供している各種ツールの利用も効果的です。

サイテーションはコストを掛けずに行えるため、WEBマーケティング戦略として必ず導入したいSEO対策の1つです。

 

下記の記事では、初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方を詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました