12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

低品質な被リンクの定義と調べ方について解説!

低品質な被リンクの定義と調べ方SEO対策

SEO対策を行う上で、

外部のサイトからリンクされる被リンクは重要なポイントになります。

 

被リンク数を増やすことで、検索エンジンにおける検索結果の順位は上昇しやすくなるでしょう。

しかし、どのような被リンクでも良いわけではありません。

 

低品質な被リンクは、マイナス要因とみなされペナルティで検索結果の順位が下がってしまいます。

今回は、低品質な被リンクとは何か、どのようにして調べられるのかを解説します。

 

今回は外部リンクについての解説ですが、内部リンクによる対策も重要です。内部リンクについては下記の記事もご覧下さい。⇒アンカーテキストのSEO効果と作り方を詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

低品質な被リンクとされるもの

ここでは、低品質な被リンクとされているものにはどんな被リンクがあるか、

「低品質な被リンク」の定義について解説致します。

 

人為的な被リンク

SEOでは、人為的に被リンク(バックリンクと呼ぶこともある)を増やしたり、内容に問題があるサイトからリンクされていたりする場合に低品質な被リンクがあると判断されます。

人為的に被リンクの数を増やすというのは、

わかりやすく言えば金銭を支払って業者に被リンクをつけてもらうことです。

 

業者に支払うことで簡単かつ大量に被リンク数を増やせます。

しかしながら、被リンクを売買するということは、検索エンジンでは禁止されている行為です。

検索順位を上げるためにルールを破ることはペナルティとなり、

逆に検索順位を下げるリスクとなりますのでSEO対策として適していません。

 

スパムサイトからの被リンク

次に内容に問題があるサイトからのリンクとは、

SEO対策としてキーワードを羅列しただけのサイトやリンク集サイト、

他所のサイトから文章をコピーしただけのサイトなどからのリンクを指します。

 

これらのサイトに共通しているのは、低品質な内容で検索をするユーザーの妨げになることです。

自サイトの内容が充実していたとしても、内容に問題があるサイトからリンクされることは評価を下げる原因となり、検索順位が下がってしまうでしょう。

 

下記の記事では、初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方を詳しく見る

 

低品質な被リンクの調べ方

低品質な被リンクはSEO効果を下げるため、排除する必要があります。

そこで、まずは低品質な被リンクがついていないかを確認しなければいけません。

低品質な被リンクの調べ方は、

検索エンジンの分析ツールで、自サイトにリンクしている外部サイトを調べます。

 

リンク集サイトや検索キーワードが並んでいるだけのサイトなどがあれば、低品質な被リンクがついていると判断できます。

また、一見すると健全なサイトに見えるコピーサイトは、

掲載されている文章の内容をコピペチェックツールを用いて調べれば見分けられます。

 

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

 

低品質な被リンクのないサイトを運営しよう

いかがだったでしょうか。

今回は、低品質な被リンクの定義と調べ方について解説致しました。

 

SEO対策において、低品質な被リンクの排除は必要不可欠です。

しかし、低品質な被リンクというのは、運営者も知らない間に増えていく可能性があります。

 

SEO対策というのは、一時的なものでは効果がなく、続けることが重要です。

定期的に低品質な被リンクがないかを調べることを習慣にして、ついていたらすぐに対策を講じましょう。

 

キーワードの選定方法については、下記の記事が参考になります。便利な調査ツールも合わせて紹介していますので、ぜひご覧ください。⇒SEO対策キーワードの選定方法について詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました