12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

URLの正規化とは?チェックする方法を解説!

URLの正規化とチェックする方法SEO対策

多くのWEBサイトは、検索結果の上位表示が実現できるよう様々なSEO対策を行っています。

SEO対策には多くの施策がありますが、その中の一つがURLの正規化です。

 

URLの正規化がなされていないと、同じ内容のページであっても検索エンジンは別々のページとして扱ってしまい、

上位表示を狙う上で不利になってしまうリスクがあります。

 

そこで今回は、URLの正規化の必要性と確認する方法について解説していきます。

 

下記の記事では、SEO対策の基本と対策のコツについて解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SEO対策の基本とコツを詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

URLの正規化とは?

URLの正規化とは、同じ内容のページのURLが複数ある場合において、

検索エンジンに評価してもらいたいURLを統一することです。

 

wwwの有無やindex.htmlの有無など、URLは違っても表示されるコンテンツは同じという場合があります。

このようなページは人間には同じに見えますが、

検索エンジンからは異なるページとして見なされてしまいます。

 

そこで、検索エンジンにどのURLを評価して欲しいのかを明確にすることをURLの正規化と呼びます。

 

検索エンジンの仕組みについては下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒googleインデックスと検索エンジンの仕組みを詳しく見る

 

URLの正規化の必要性

URLの正規化ができていないと、同一コンテンツのページが複数あることになります。

その場合、検索エンジンからの評価が分散してしまう問題があります。

 

これでは、SEO対策を行ったとしても十分な成果は挙げられません。

意図していないページが検索結果に表示されたり、

コピーコンテンツとして扱われる可能性もあります。

 

検索エンジンからの評価を特定のページに集約させるためにも、URLの正規化が必要となります。

 

URLの正規化を検索エンジンに伝える方法としてXMLサイトマップも有効です。詳しくは下記の記事をご覧下さい。⇒XMLサイトマップのSEO対策への必要性について詳しく見る

 

URLの正規化を確認する方法

URLが正規化されているかどうかはアドレスバーにURLを直接入力して確認する方法があります。

 

例えば、index.htmlがないページを正規化させた場合では、index.htmlを付けたURLをアドレスバーに入力してindex.htmlがないページにアクセスできれば成功です。

 

リダイレクトチェックツールを使用することでも確認できます。

確認したいURLを入力し、リダイレクトしていない(リダイレクト数が0)となれば、URLの正規化ができています。

 

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

 

SEO対策をするならURLの正規化は重要

いかがだったでしょうか。

今回は、URLの正規化について解説致しました。

 

検索エンジンからの評価を得たいURLを統一することをURLの正規化と言います。

評価が分散するのを防ぎ、検索順位を下げないためにも必要なものです。

 

正規化されていないとSEO対策を行っても思うような効果が出ないので、上位表示を狙うのならぜひ取り組んでみてください。

確認方法もあるので、正規化ができているか不安なら調べてみると良いでしょう。

 

下記の記事では、初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方を詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました