XMLサイトマップとは?SEO対策への必要性について解説!

XMLサイトマップの説明とSEO対策における必要性SEO対策

検索エンジンにWEBページを認識させることが出来るのが「XMLサイトマップ」です。

各ページの最終更新日や更新頻度、URLなどの情報を、

検索エンジンに向けて記載することで、SEO対策になります。

 

今回はSEO対策で必須となるXMLサイトマップの基礎知識や、SEO対策においての必要性について解説致します。

 

下記の記事では、初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒初心者でも自分で簡単にできるSEO対策のやり方を詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとは、WEBサイトの情報を検索エンジンに向けて記載したファイルのことを指します。

XMLサイトマップのイメージ

XMLサイトマップ・ファイル中身のイメージ

 

自分が所有しているサイト内にあるコンテンツのURLをひとまとめにして記述するのが基本です。

Googleなどの検索エンジンは、

XMLサイトマップのファイル内に書かれている情報を参考に、ページ内をクロールし、検索エンジンにインデックス登録します。

 

検索エンジンのロボットが、サイトをクロールするために必要な情報をXMLサイトマップにまとめておくことで、より速くサイトを理解してくれます。

 

また、XMLサイトマップを用意しておけば、

コンテンツの更新などが行われた際にも、速く検索エンジンに知らせることが出来ます。

 

検索エンジンの仕組みについては下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒Googleインデックスと検索エンジンの仕組みについて詳しく見る

 

ページ数が多いほど有効

XMLサイトマップがよく使われているのは、サイトのページ数が多いWEBサイトや画像や動画コンテンツが沢山ある場合、各リンクからのアクセスが少ないときです。

 

SEO対策として、ページ数が多いサイトほどXMLサイトマップが使われることが多く、

あらかじめ情報をまとめておくことで素早く情報を検索エンジンに理解してもらえるようにします。

 

特に、多くの画像や動画がある場合、テキストに比べて情報が理解されないことがあるため、XMLサイトマップを使って理解を深めてもらう工夫は有効です。

 

また、各リンクからのアクセスが少ない場合もXMLサイトマップが活用され、

クローラーがサイト内のページを見逃すことを防止する事ができます。

 

ページ数を増やすと同時にアンカーテキストで記事同士の繋がりを持たせるとSEO効果が上がります。詳しくは下記の記事をご覧下さい。⇒アンカーテキストによるSEOの効果と具体的な作り方を詳しく見る

 

SEO対策におけるXMLサイトマップの必要性

アクセス数の多いサイトの運営をするためには、XMLサイトマップを活用する必要性があります。

検索結果において上位表示を狙うためには、クローラーが訪れやすい環境を整えることが重要です。

 

クローラーが各ページを自由に見て情報を集めることで、検索結果で上の方に表示されるようになります。

クローラーが巡回しにくいと、検索エンジンに無視されたり、サイトの存在を知らないケースが出てきます。

 

適切に検索エンジンに評価されるためにも、

XMLサイトマップをSEO対策で積極的に取り入れることが大事です。

 

検索エンジンがどのようにサイトをクロールしてインデックスしているのか、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒googleインデックスと検索エンジンの仕組みについて詳しく見る

 

SEO対策に必要不可欠なXMLサイトマップ

いかがだったでしょうか。

今回は、XMLサイトマップについて解説と、SEO対策への必要性についてご紹介しました。

 

検索エンジンに見つけて内容を理解してもらい、検索結果で上位に食い込むためには手間や時間が掛かることもありますが、

XMLサイトマップを取り入れることで素早くかつ正確に情報を伝えられます。

 

検索エンジンに対して、速く・正確にサイトの情報を伝える事が重要ですので、

SEO対策において、XMLサイトマップを設定する事は必要不可欠になります。

 

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました