12のテーマで『デジタルマーケティングを体系化』
お金をかけず、自分達で運用するマーケティングとは?

詳しく見る

SEO対策に必須!検索上位に必要な記事のキーワードや文字数は?

SEO対策

ユーザーの検索において、検索結果ページの上位に表示させるために重要なのがSEO対策です。

記事を上位表示させる際の具体的なSEO対策は、キーワードや文字数などを考えて記事を執筆する必要があります。

この記事では、

  • SEO対策のために知っておきたい記事のライティング方法
  • SEO対策に必要な記事の文字数
  • 検索されやすいキーワードの探し方

について、経済産業省推進資格ITコーディネータの筆者が詳しく解説します。

 

下記の記事では、SEO対策の基本と対策のコツについて解説していますので合わせてご覧下さい。⇒SEO対策の基本とコツを詳しく見る

 

経済産業省推進資格ITコーディネータ古澤シンジ

著者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ

古き良きアナログを大切に、デジタルとの融合を考えるマーケティングについて情報を発信。

⇒筆者の情報

SEO対策に必要な文字数とは

SEO対策では、検索結果の上位に表示されやすい文字数があります。

ここでは、SEO対策に必要な文字数について、基本的なラィティング方法も合わせて解説します。

 

内容がわかるタイトルにする

サイトのタイトルは、ユーザーが訪れるかどうかを決める重要な項目です。

検索されやすいキーワードを含める事は重要ですが、キーワードの羅列ではなく、

記事の内容がタイトルを見るだけでわかるようにしましょう。

 

タイトル文字数は28文字〜38文字

スマホで閲覧するユーザーが多いため、スマホからも見やすい、

28文字〜38文字程度(30字前後)のタイトルをつけます。

なお、句読点は基本的に不必要です。

なぜなら、検索エンジンは句読点を検索結果に考慮しないからです。

 

本文はコンテンツの内容に合わせる

本文については、ユーザーの疑問を解決できるコンテンツであれば、文字数は少なくても大丈夫です。

難しい内容や専門的なコンテンツでは、4000文字以上の文字数を書くことでキーワードに関連した単語が増え、SEOでも評価されるコンテンツになります。

 

大事なのは「検索意図」

大切なのは、ユーザーの「検索意図」に合っているかどうかです。

例えば、辞書のように

「〇〇 英語」

のような検索キーワードの場合、ユーザーが知りたい検索意図は

〇〇は英語で何というか知りたい

です。

つまり、このような検索語句の場合において、1000文字以上もあるコンテンツは、検索意図を満たすという点では必要ありません。

いっぽう、

「〇〇のやり方」

などの検索意図は、

図や動画などで詳しく解説している記事のほうが、上位表示されやすくなります。

 

下記の記事では、ブログを事例に、記事の書き方と文章のコツについて詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブログ記事の書き方と文章のコツを詳しく見る

 

SEO対策に欠かせないキーワード

SEOキーワードとは、

検索エンジンでユーザーが検索する語句を指します。

ユーザーが検索しそうな文字を、キーワードとしてコンテンツに入れておくことで、検索対象となり、検索結果にページが表示されます。

ここでは、

検索されやすいキーワードの探し方について解説したいと思います。

 

メインのキーワードを決める

まずは、記事の軸とるメインキーワードのキーワードを考えます。

その際、自身のサイトにとってどんな言葉が重要なのか、

サイトと関連性が高いキーワードを調べる事が大切です。

 

検索候補(サジェストキーワード)を確認する

メインのキーワードだけで、上位表示を狙うことは困難です。

そこで、2語3語以上を組み合わせて検索しているキーワード

検索候補キーワード(サジェストキーワード)

を確認します。

 

キーワードの選定方法については、下記の記事が参考になります。便利な調査ツールも合わせて紹介していますので、ぜひご覧ください。⇒SEO対策キーワードの選定方法について詳しく見る

 

キーワードと文字数でSEO対策ができる

いかがだったでしょうか。

今回は、検索結果の上位表示に必要な記事のキーワードや文字数について解説致しました。

  • SEO対策に必要なタイトル文字数は30字前後
  • 記事の文字数は、検索意図に合わせたコンテンツで判断
  • メインのキーワードとサジェストキーワードを確認する

 

記事を書くときには、ユーザーの求めている情報をわかりやすく伝えることが重要です。

タイトルは28文字程度、本文は4000文字程度で執筆することで検索に引っかかりやすくなります。

キーワードは、検索数が多いものだけではなく、派生する単語や複数のキーワードを組み合わせることで、大きなサイトが拾いきれないユーザーにサイトを表示させることが可能です。

この記事を参考に、正しいSEO対策を行ってください。

 

下記の記事では、プロのSEOコンサルタントも使用している「SEO対策ツール」についてご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒無料及び有料のおすすめSEO対策ツールを詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました