STORESレジでネットショップ連携機能を導入する

ITツール

STORES(ストアーズ)」はネットショップが構築できるクラウド型のサービスです。

2021年6月15日に、POSレジ「STORESレジ」がリリースされました。

STORESレジは、従来からあるSTORES決済と連携するipad専用のPOSレジアプリです。

STORESレジ自体は機能がとてもシンプルなのですが、ネットショップ「STORES(ストアーズ)」と連携させる事ができます。

これによって、実店舗とネットショップの連携が図れる「マルチチャネル(※)」的な機能が0円から導入できます。

今回は、新しくリリースされたPOSレジ「STORESレジ」についてご紹介したいと思います。

※店舗やネットショップなど複数のチャネルを使って、商品やサービスを提供する戦略

 

 

筆者:古澤シンジ

経済産業省推進資格ITコーディネータ
IT経営コンサルタント
株式会社ケルヒ代表取締役

⇒筆者の情報

ipadで簡単POSレジ

POSレジ「STORESレジ」は、ipad専用のアプリです。

その構成はとてもシンプルです。

メニューを開いて見ると、なんと、4項目しかメニューがありません。

  • ホーム
  • オーダー
  • アイテム
  • 清算

STORESレジのホーム画面

 

ホーム

ホーム画面の機能は「レジ」です。

現場の動きを想定して、

○アイテム
商品を選んで決済する機能
○手入力
商品登録がない時、金額を手入力して決済する機能
○スキャン
バーコードを読み込んで決済できる機能
○ネット注文
ネットショップの注文で未発送分が表示される

の4パターンが用意されています。

金額を入力した後は、「現金」または「STORES決済」で決済完了となります。

STORESレジのホーム画面

 

オーダー

オーダーリストが表示されます。

画面下のほうに、

  • 店舗
  • ネットショップ

のタブがありますので、タップすると、各チャネルのオーダーリストが表示されます。

また、各オーダーをタップすると決済の詳細が確認できます。

「店舗」タブは、決済情報のみですが、「ネットショップ」タブには顧客名と配送先も表示されます。

商品の発送業務はブラウザ版のSTORES管理画面で行います。

STORESレジのオーダーリスト

 

アイテム

POSレジに登録してある商品のリストが表示されます。

商品を追加する際には、画面右上の「+作成」ボタンをタップします。

実際の作成はブラウザ版のSTORES管理画面で行います。

アイテムには

  • 価格
  • カテゴリ
  • 品番
  • バーコード番号

を設定する事ができます。

バーコード番号を入力しておけば、別売りのバーコードリーダーを用いて、決済する事も可能になります。

storesレジの商品管理画面

 

清算

レジ清算を行う事ができます。

現金の清算はもちろんですが、売上や販売件数などの販売実績も確認できるようになっています。

清算レシートも印刷できるようです。

STORESレジの清算画面

 

在庫が連動

マルチチャネル的な使い方ができる点として、実店舗とネットショップの在庫が連動する事です。

連携によって、店舗で売れた場合には、自動的にネットショップの在庫がマイナスになります。

また、ipadでネットショップの未発送分が表示されるのは便利ですね。

 

細かな機能設定はブラウザ版STORESで

POSレジ「STORESレジ」の機能はとてもシンプルで誰でも操作できます。

商品の新規登録や、顧客管理などの細かな設定は、ブラウザ版のSTORESで管理するように設計されているようです。

ipadでブラウザ版STORESも開いておけば、パソコンを操作する事なく完結しそうです。

 

LINEでオーダー管理

LINEでSTORESにログイン連携すると、LINEでショップ運営を管理する事ができます。

  • 売上、入金の確認
  • 未発送リストの確認
  • 今月の入金予定額の確認

STORESレジのLINEショップ運営

 

また、LINEのリッチメニュー(トーク下のメニュー)に、

ストアくん

というメニューがありました。

STORESレジのストアくん

STORESレジのストアくんについて

 

その機能を確認するまで5回も話しかけないといけませんでしたが、

AIチャットヘルプ

のようです。

導入されたら、いろいろ話しかけてみて下さい。

STORESレジのストアくんはチャット

 

顧客管理は連携できない

商品と在庫管理は連携できますが、現時点では顧客管理は連携できないようです。

実店舗とネットショップで顧客管理ができると、何をいつ買ったか把握できるようになります。

例えば消耗品なら、そろそろ必要な頃にメルマガを送信したり、好きな商品が入荷したら連絡できたりと、提案の幅が広がって売上の拡大に繋がります。

新機能のリリースについては、とても早いペースで行われているので、今後に期待したいところです。

 

STORESについて

STORESレジを利用するには、STORES(ストアーズ)の利用登録が必要です。

まずは無料で「STORES(ストアーズ)」を始めてみましょう。

(10秒で登録完了できます)

⇒STORES(ストアーズ)を見る

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、2021年6月15日にリリースされたPOSレジ「STORESレジ」についてご紹介しました。

  • 「STORESレジ」自体は、機能がシンプルで簡単
  • ネットショップ「STORES(ストアーズ)」と連携できる
  • 細かな設定は、ブラウザ版STORESで行う必要がある

以上が、「STORESレジ」の主な特徴でした。

ネットショップと実店舗の連携は、従来はとてもコストが高く、小中規模の店舗では導入ハードルが高いものでした。

新型コロナがきっかけで、デジタル化のスピードがどんどん速くなっており、ITサービス提供会社間の競争も激しくなっているのが現状です。

利用者にとっては、サービスや機能・料金面がよくなり、利用しやすいITになっていくので良いですね。

STORES(ストアーズ)」は無料で試せますので、試験的にやってみてはいかがでしょうか。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました